【閲覧注意】指折り、串刺し、人体に着火・・・残虐映画『シマウマ』無法地帯すぎるWEB限定予告編ついに解禁



2010年よりヤングキングにて大人気連載中、現代社会に潜む闇を炙り出す"絶対に読んではいけない漫画"「シマウマ」が映画化され、5月21日(土)より公開される。この度、ネット上でしか見ることのできないノーカット版の予告編が解禁された。心臓の弱い人には決しておすすめすることのできない危険すぎる映像に戦慄すること間違いなしだ。

https://youtu.be/t64JOIpih84


美人局で仲間達と一緒に金稼ぎをしていた主人公・倉神竜夫が、ヤクザを引っ掛けてしまったことをきっかけに、他者に受けた屈辱などをありとあらゆる方法を用いて昇華させる"回収屋"の"ドラ"として、禁断の世界へ足を踏み入れていくことになる様を描く本作。主人公・ドラを演じる若手人気俳優・竜星涼を始め、回収屋の一員で"ジョーカー"のような奇抜なメイクを施した猟奇的な快楽殺人者・アカ役に須賀健太、回収屋の紅一点"ミステリアス"な女・キイヌ役に日南響子ら豪華キャストが集結したことでも話題になっていた。

怨みを抱えた依頼の代わりに、死よりも辛い制裁を与える回収屋たちの仕事は、血で血をぬぐう残虐なもの。この度解禁された〈ノーカット版予告編〉は、劇場用の予告編としては、あまりに残虐という指摘を受け、やむなくカットした3シーン①指を折るシーン、②背中をハリネズミの様に串刺しにされるシーン、③足に火を付けられるシーンという身の毛もよだつ残虐シーンを含むWEB限定で公開されたものだ(※良い子は決して真似をしてはいけません!)。

残虐シーンはこの3つにとどまらず、スプーンで手の甲を刺したり、足の甲にのみを当てがいかなづちで打ったり、回収屋の恐ろしすぎる制裁が続々と登場。さらに、夫とすれ違う孤独な主婦・網川早苗を演じる天乃舞衣子のベッドシーンや、竜星と日南の艶かしいシーンも見逃せない予告編となっている。

日本映画界の限界に挑戦し、観る者の倫理観を揺るがす衝撃の超問題作である本作を見逃すな!

映画『シマウマ』は5月21日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷他、全国ロードショー!



ⓒ2015東映ビデオ

■参照リンク
映画『シマウマ』公式サイト
shimauma-movie.com

■今月のAOL特集
マコーレー・カルキン、エドワード・ファーロングら元人気子役たちの今&昔【フォト集】
続きを読む