可愛いだけじゃない!衝撃作『ヒメアノ〜ル』でバイオレンス&セクシャル描写に挑戦したヒロイン・佐津川愛美に共演者もベタ惚れ!


「行け!稲中卓球部」「ヒミズ」の人気漫画家・古谷実による衝撃の問題作「ヒメアノ〜ル」がついに完全映画化され、5月28日(土)より全国公開される。


本作は、平凡な毎日に焦りを感じながら青年・岡田と同僚のサエない先輩・安藤とカフェ店員・ユカとの三角関係を描いた作品...と思いきや、連続殺人犯・森田によって、変化のなかった日常が狂気に満ちていくさまを描く。

人間をターゲット(餌)としか思わない連続殺人犯・森田を演じるのは、映画初主演となる森田剛。森田との再会によって事件に巻き込まれる岡田には、auのCM「三太郎シリーズ」の金太郎でお茶の間でも親しまれる存在となった濱田岳。そして、森田の標的となるユカに佐津川愛美、岡田の"キモい先輩"にムロツヨシ、と演技派俳優が共演。バイオレンス&セクシャルな描写にも挑戦し、【R15+】指定となった問題作を完成させた。

そんな本作でとにかく可愛いすぎるのが、佐津川愛美だ。共演した濱田による「可愛かった(笑)。持ち前の愛らしさでフォローしてもらいました。恋愛経験がない男の人が考えるような理想のカノジョ像を演じてくれて、ホント嬉しかった」とのコメントからは、彼女に惚れこんだ様子がうかがえる。さらに、ムロも「居酒屋のシーンを撮っている合間に、僕にツッコむ姿が可愛くて、一気に好きになっちゃいましたね(笑)」と、佐津川の愛らしさにメロメロだったことを明かした。

監督からの指示で「とにかく、可愛く」を徹底的に体現している佐津川だが、可愛いだけの演技ではなく、実は体当たりの演技を披露している!森田にストーカーされるシーンや濱田との大胆なラブシーン...。「可愛い」だけじゃなく、演技派女優としての実力を発揮している彼女に注目だ!


平凡な毎日に焦りを感じながら、ビル清掃会社のパートタイマーとして働いている青年・岡田。ある日、同僚の先輩である安藤から、密かに思いを寄せるカフェ店員・ユカとの恋のキューピッド役を頼まれた彼は、ユカのカフェで高校時代の同級生・森田と再会することになる。その後、岡田はユカの口から、彼女が森田らしき人物からストーキングをされていることを知らされ、不穏な気持ちを抱き始める。かつて過酷ないじめを受けていた森田は、ある事件をきっかけに、欲望のままに無抵抗な相手を殺害していく快楽殺人者になっていたのだ......。

映画『ヒメアノ〜ル』は5月28日TOHOシネマズ 新宿ほか全国公開



©2016「ヒメアノ〜ル」製作委員会

■参照リンク
映画『ヒメアノ〜ル』公式サイト
himeanole-movie.com

■今月のAOL特集
マコーレー・カルキン、エドワード・ファーロングら元人気子役たちの今&昔【フォト集】
続きを読む