『毒島ゆり子』前田敦子演じる奔放すぎる肉食女子に急展開なるもネット上では「クズっぷりだけは安定www」


前田敦子主演の人気ドラマ『毒島ゆり子のせきらら日記』(TBS)第4話が放送された5月11日夜、視聴者の間では、主人公の超肉食系二股女子・ゆり子を取り巻く環境の変化と、彼女の言動がまたもや注目を集めることとなった。


"二股"どころか"三股"状態となっていたゆり子に、恋人・美登里(渡辺大知)が「二股解消」を交際継続の条件として突きつけ、それを一応は承諾した形で終わった前回。第4話では、ゆり子は「私ね、二股やめることにした」と友人に告白した。しかし、そのまま新たな第一歩を踏み出すかと思いきや、美登里以外の男たちにも未練タラタラの様子を見せる。一方、彼女の本業である政治記者としての仕事では、孤立化してしまうなど、いささかその雲行きが怪しい気配になっていく。そうした中、美登里から最後通牒を突きつけられたゆり子は、「決着をつける」と宣言したものの、結局は、ライバル紙の記者である小津(新井浩文)に一本化し、交際することを決断。結局は美登里との約束を一方的に反古にするという、なんとも驚くべき展開を迎えた。

こうしたゆり子を取り巻く状況の変化と、彼女がとった言動に、この日の放送を観た視聴者からは「おいおいなんだこの展開wwww」「できもしない約束をする女www」「これは地獄に落ちるwww」「美登里が気の毒すぎる」「自分が二股こいといて彼氏がほかの女と仲良くなりそうだと嫉妬とかどんだけ面倒くさい女なんだw」「女である前に人として終わってる」「今週も安定のクズっぷりでなによりw」といった声が寄せられた。これまで同ドラマと言えば、セクシーなラブシーンはもとより、常識では考えにくい恋愛観を持つゆり子のわがまますぎる言動などがしばしば話題になってきたが、そうした中で迎えた新たなる局面だけに、多くの視聴者にとって、ますますその展開が気になるところだ。

https://youtu.be/tmvQUYoig-k


■参照リンク
『毒島ゆり子のせきらら日記』公式サイト(水曜深夜0時10分からTBS系列にて放送)
www.tbs.co.jp/busujima/

■今月のAOL特集
キム・カーダシアン、セクシーすぎるセルフィー史【フォト集】
続きを読む