アウトレイジより怖い! 三浦友和演じる最悪の父親、「麻婆豆腐が辛すぎる」とクレームつける恐怖映像解禁



『その夜の侍』(12)の赤堀雅秋監督作、三浦友和主演の『葛城事件』が6月18日(土)より全国公開される。先日解禁された本作の本編映像は、あまりの衝撃に「これは本当に三浦友和なのか?」「『アウトレイジ』の時より怖い...」と話題を集めたが、この度、本編映像第二弾が公開となった。

https://youtu.be/ZczqIqkEhIE


今回の映像は、葛城清が、新井浩文演じる長男の保と、保との次男を身籠った妻、そしてその父母とともに、葛城家いきつけの中華料理屋で食事をするシーン。

保たちの結婚記念日を祝う食事会であるにもかかわらず、執拗に店員を責め続ける清...。曰く「20年通ってる」「信頼関係の話をしているんだ」。

店員はうろたえながらも平謝りするが、「そういう話をしているんじゃない」「アンタじゃ話にならん。オーナーを呼んでくれ」「日本人をバカにしてんのか!?」とネチネチとクレームを続ける。

清が怒り狂うその理由は、なんと「麻婆豆腐が辛すぎる」から...!

そして店員にクレームをつけるのと同時に、嫁の父母には「あ、水餃子も食べちゃってくださいね~」と明るく対応する。壊れたような清の行動に全員が凍りついているというのに。

この男、やはり完全におかしい...。

そしてその頃、葛城家では、清の妻・伸子(南果歩)と次男の稔(若葉竜也)、保のまだ幼い長男が留守番をしており、その後の葛城家の崩壊を示すような出来事が起きる―。


本作の主人公・葛城清役を演じる名優・三浦友和は、理想の家族を求めながらも、崩壊へと向かわせてしまった父親を鬼気迫る迫力で演じ、赤堀監督が「これは三浦友和さんの代表作になると、僕自身は勝手にそう思ってます。」と語るほどの演技を見せる。三浦自身、本作について「10年に一度の作品になった」と役について語り、「登場人物全員、どこかいっちゃっていてキャラが立っているのですが、清は特に身近にいてほしくないタイプ。家族はたまらない」とのコメント通り、最悪の父親像を演じている。



映画『葛城事件』は6月18日(土)新宿バルト9他全国ロードショー

(C)2016「葛城事件」製作委員会

■参照リンク
映画『葛城事件』公式サイト
katsuragi-jiken.com

■今月のAOL特集
セレブたちの知られざる兄弟姉妹【フォト集】
続きを読む