オリンピックの新定番 P&Gの「お母さんありがとう」CMがやっぱり泣けると話題に【動画】



2014年のソチオリンピックの前に、「アスリートと彼らを支える母親たち」のCMが人々の涙を誘ったのを覚えているだろうか?
そのCMを作った米日用品大手のP&Gが、リオオリンピックを前に新バージョンを公開した!

https://www.youtube.com/watch?v=MQ3k6BFX2uw


「ありがとう、ママ」と題されたCMでは、巨大な竜巻を前に立ちすくむ娘を必死にシェルターに保護しようとする母親に、交通事故にあっても気丈に振る舞い、娘を安心させようとする母親、エレベーターが突然停止し慌てる息子に「深呼吸して」と魔法の言葉をかける母親、乱気流で機体が激しく揺れて不安がる息子を「大丈夫よ」と落ち着かせる母親の姿が、次々と映し出される。さらに、息子をいじめる子どもたちを注意したり、娘にちょっかいを出してくる男たちをにらみつける母親も。

そうして成長し、スポーツの道を目指す娘や息子たち。大舞台を前に不安で心が押しつぶされたり、コーチから叱責されて「ママ、もうできないよ」と泣きたくなる時もあるが、そんな自分たちの背中を後押ししてくれたのは、幼い頃に受けた母親からの"愛情"だった。

プレッシャーをバネに、見事競技で成功を収めた彼ら。最初に感謝を伝えたい人は、ほかでもない母親だった。

「強い人間を作るのは、やっぱり強い人間」というメッセージで終わるこのCM。この"強い人間"は母親、そしてそんな母親に育てられた娘や息子たちを指している。

■今月のAOL特集
元人気子役たちの今&昔【フォト集】
続きを読む