鬼才・パク・チャヌクが描く驚愕のサスペンスと過激なエロスにカンヌ騒然!コンペ『THE HANDMAIDEN』に高い評価


現在開催中のカンヌ国際映画祭で、コンペティション部門に出品しているパク・チャヌク監督最新作「THE HANDMAIDEN」(英題:『Aggasi』)。現地時間の14日(土)に主演のキム・ミ二、キム・タエリ、ハ・ジョンウ、チョ・ジヌン、パク・チャヌク監督らが記者会見を開き、公式上映を行った。


本作は、サラ・ウォーターズの「荊の城」が原案となり、1930年代日本統治下の韓国を舞台に、スラム街で詐欺グループに育てられた孤児の少女・スッキ(キム・タエリ)、莫大な財産の相続権を持つ美しい令嬢・ヒデコ(キム・ミニ)、"伯爵"と呼ばれ、ヒデコの財産を狙う詐欺師(ハ・ジョンウ)ら、それぞれの思惑が入り乱れ、騙しあいや復讐が繰り広げられていく。複数の登場人物の視点で描かれるサスペンスと、過激なエロスが、息を飲むような美しい映像で綴られた作品だ。

監督を務めるパク・チャヌクは、『オールド・ボーイ』で第57回カンヌ国際映画祭・審査員特別グランプリ、『渇き』で第62回カンヌ国際映画祭審査員賞を受賞している。騙し合い・復讐・過激なエロス・・・パク・チャヌク監督の集大成ともいえる本作は、すでにマスコミ各誌から高い評価の声があがっているようだ。

公式会見でパク・チャヌクは、本作について「イギリスの小説(「荊の城」)を原案にしながら、日本統治下にあった韓国を舞台にしています。当時、人々が抱えていた心情はそれぞれ異なり、日本に支配されていながらも、日本人や日本の文化に強い憧れを抱く人もいました。そのような人たちが、日本に魅せられた理由やその心理を描きたい、と強く感じていました。韓国がどう、日本がどう、ということではなく社会のヒエラルキーや、個人個人の想いを描きたかったのです。1930年代の韓国は、日本風、イギリス風など様々な建物が建設され、文化的にも非常に興味深い時代だったのです」「日本人の令嬢であるヒデコ(キム・ミニ)も、ステレオタイプな貴族として描きたくなかった。実はとても悲しい一面を持つキャラクターです」と、語っている。


その後行われた公式上映では満席で、上映後スタンディングオベーションが8分以上続いたとのこと。上映に参加したメディアからは、「これまでのパク・チャヌクらしさがありながらも、ものすごく洗練されている。映像が美しく、撮影技術が本当に高い。素晴らしい」「会場全体が食い入るように見ている雰囲気が強く伝わってきた」「今年は豊作が多い中、パク・チャヌクは一人だけレベルが抜きん出ている!」と、高い評価を得ている。

・ガーディアン紙 ★★★★
「パク・チャヌクにしか創れない芸術作品であり、文句なしに楽しめるエンタメ・スリラー。赤く燃え上がるような今すぐ爆発しそうな俳優たちの緊張感ある演技合戦、精巧かつ優雅な映像美にクラクラと眩暈がする。」

・ヴァラエティ紙
「才気に満ちた傑作に酔狂する。思いっきり官能をそそられ、享楽的で豪華な世界観は、ゾッとするほど魅惑的だ。」

・ハリウッド・レポーター紙
「期待を全く裏切らない、いや、それ以上の出来だ。精巧かつ非常に美しく撮られた、倒錯エロティックスリラー/ラブストーリーは、興奮するツイストがいっぱいで、あっという間に映画が終わる。」

・THE HOLLYWOODNEWS
「猛烈に激しく、あまりに魅惑的。カンヌのベスト候補。」



映画「THE HANDMAIDEN」は2017年、全国ロードショー
(C)CJ E&M Corporation

続きを読む