『行列のできる法律相談所』きゃりーぱみゅぱみゅの親友が意外な一面を暴露!「お風呂上りに生尻を・・・」


5月15日に放送された日本テレビ系列のバラエティ番組『行列のできる法律相談所』に、歌手のきゃりーぱみゅぱみゅが出演し話題を呼んでいる。


今回きゃりーは「心の底から謝りたいSP」というテーマで出演、きゃりーは「謝りたい人」として親友の「ぼんちゃん」(女性)を紹介した。高校時代からの付き合いだというぼんちゃんに、「これまでの数々の無礼を謝りたい」と語るきゃりーは、今まで行ったその無礼を紹介。

それは高校時代でのこと。トイレに入って手を洗った際にハンカチを忘れたきゃりーは、ぼんちゃんの服で手を拭いたり、また最近でも自分が落としたプリンをぼんちゃんに渡したりと、数々の失礼を重ねてきたという。しかし当の本人は全く怒ることはないのだとか。

スタッフが直接ぼんちゃんにこの真意を尋ねるも「謝ってほしいことは特にない」と返答、だがその代わりに「ちょっと辞めて欲しい事は何個かある」と明かしたのだ。その辞めて欲しい事とは・・・?

それはきゃりーの家に遊びにいった際にきゃりーが風呂上がりに行ったある行為だ。裸にバスタオルを撒いた姿で現れたきゃりーはぼんちゃんに向かって生尻を見せ、「お尻って良いよねー」などと言いながら、かなりの長時間見せてくるのだという。

そしてもう1つの「辞めてほしい事」は、きゃりーに芸能人の自覚がないこと。よく行くファミレスでは、芸能人にも関わらず変装を全くしないため、他の客からバレバレなのだという。そればかりか、自分の持ち歌を大きな声で歌い出したり、さらには「まあまあの下ネタ」を大きな声で話したりと、一緒にいるぼんちゃんはヒヤヒヤするのだという。

そんなぼんちゃんがスタジオに登場、「変装しなさすぎて一回ファンに囲まれちゃったことがあって、その時はさすがに『ちょっと止めてください』ってマネージャーのフリしました」と迷惑していることを明かした。きゃりーはぼんちゃんに感謝を述べつつも、改めて謝罪を行い、「これからも宜しく!」と固い握手を交わしていた。



■参照リンク
『行列のできる法律相談所』公式サイト
http://www.ntv.co.jp/horitsu/

■今月のAOL特集
セレブたちの知られざる兄弟姉妹【フォト集】
続きを読む