リチャード3世演じるカンバーバッチ、国王姿が似合いすぎる!『ホロウ・クラウン』シーズン2がHuluで日本最速配信


シェイクスピア没後400年を記念して英国で放送された「ホロウ・クラウン/嘆きの王冠」のシーズン2が5月31日(火)より、オンライン動画配信サービスHuluにて日本最速配信される。この度、ベネディクト・カンバーバッチをはじめとした豪華キャストたちの姿が公開された。


英国アカデミー賞4冠!世界中のメディアが絶賛! BBCが圧倒的スケールで贈る、英国の偉大なる王達の物語を描いたシェイクスピア戯曲ミニドラマシリーズの新シーズンが日本に上陸。シェイクスピア没後400年を記念し、イギリスで2016年4月に放送されたばかりのドラマシリーズが早くもHuluに登場!

英国屈指の人気俳優であるベン・ウィショー、ジェレミー・アイアンズ、トム・ヒドルストンらが、「リチャード2世」「ヘンリー4世(第一部・第二部)」「ヘンリー5世」をそれぞれ豪華に演じたシーズン1。そして、日本でも大人気英国俳優ベネディクト・カンバーバッチがリチャード3世、アンドリュー・スコットがフランスの国王ルイ11世、若手人気俳優トム・スターリッジがヘンリー6世を演じて、大注目されるシーズン2は「ヘンリー6世(第一部・第二部)」「リチャード3世」と描かれていく。

シーズン1と2で描かれる14世紀末から15世紀末までの約100年の間に英国の王権は、リチャード2世、ヘンリー4世、ヘンリー5世、ヘンリー6世、エドワード4世、リチャード3世と受け継がれていく。英国の王権が不安定な時代で、ヨーク派とランカスター派の対立はのちに薔薇戦争という形で内戦にまで発展し、フランスの領地をめぐり、フランスとの抗争が絶えない百年戦争時代でもあった。


英国国内で薔薇戦争が勃発した時代を描く「ヘンリー6世(第一部・第二部)」でヘンリー6世を演じるのは『パイレーツ・オブ・ロック』で繊細な青年を演じ注目されたトム・スターリッジ。


百年戦争後に荒廃したフランスを統一させることに成功したフランス国王ルイ11世を「SHERLOCK/シャーロック」で元数学教授の悪党ジェームズ・モリアーティ役を演じるアンドリュー・スコットが演じている。


ヘンリー6世を崩御させ、薔薇戦争を制して再び王権に返り咲いたヨーク派。王権を握ったのはエドワード4世だったが、密かに弟のリチャード3世がその座を狙っていた。イギリスの歴史上最も残忍な王を描く「リチャード3世」でリチャード3世を演じたベネディクト・カンバーバッチは、凄まじい演技力とその存在感で批評家たちから高く評価されている。2015年、英国のレスター大学は「ベネディクト・カンバーバッチがリチャード3世の血縁関係にあたる」と発表した。本ドラマで演じる狂気の裏側にある気品溢れる姿は代々受け継がれた血によるものかもしれない。

「ホロウ・クラウン/嘆きの王冠」
シーズン2は5月31日(火)より配信スタート
以降、毎週火曜日に1話ずつ更新予定(全8話)
シーズン1 全話配信中!

© 2016 Carnival Film & Television Limited ALL RIGHTS RESERVED ALL RIGHTS RESERVED.



■今月のAOL特集
世界のかわいい動物たち【フォト集】
続きを読む