ビル・ゲイツからギャルまで 世界的トップCEOが書いたビジネス書10選


ここ数十年の急速なビジネス環境の変化や新たなアイディアによって、巨大企業を築き上げたスター経営者が次々に登場して来たが、そんな彼らが著したビジネス書や自伝などは、これから事業を開始したりキャリアアップを目指す人達にとって最大のヒントやアドバイスが詰まっている。今回は、数十年経ってなお「定番」と言われる多くの人の人生を変えた名著を10冊厳選して紹介しよう(なお全て邦訳されているので日本語タイトルで表記)。


『スターバックス成功物語』:ハワード・シュルツ

スターバックス・コーヒーのCEO、ハワード・シュルツが、創業時から国際的なブランドに発展させた秘密が凝縮されたビジネス書。福利厚生へのフォーカスなど、改めて、多くの起業家や小規模でも何かを始めたい人にオススメの一冊である。

『社員をサーフィンに行かせよう』:イヴォン・シュイナード

パタゴニアの創始者、イヴォン・シュイナードのユニークで揺るぎない独特の経営哲学や自身の回顧をつづった書。クライマー、サーファー、鍛冶職人、環境保護活動家など様々な顔を持つ彼が勤務中になぜサーフィンに行くことを推奨しているのか?責任感や効率、協調性など様々な視点からのビジネスや組織づくりにも繋がるヒントが隠されている。

『思考スピードの経営』:ビル・ゲイツ

マイクロソフトの共同創始者、ビル・ゲイツが情報産業の経営マネジメント手法を自身の哲学や経験を交えて綴ったベストセラー。現代ではスタンダードともいえるビジネス書だが、17年経った今、改めて見ると、先見性も含め評価は高い。

『HARD THINGS』:ベン・ホロウィッツ

シリコンバレーのベンチャーキャピタル企業、アンドリーセン・ホロウィツの創業者、ベン・ホロウィッツが、タイトル通り「困難(ハード・シングス)」をつづっている。ドットコム不況、顧客の倒産、社員の解雇など、危機を全て体験した男の最も説得力のある経験とアドバイス。ビジネス書大賞2016大賞を受賞した人気書でもある。

『ウィニング 勝利の経営』:ジャック・ウェルチ

GE(ゼネラル・エレクトリック社)を世界一の企業に育て上げた「20世紀最高の経営者」ジャック・ウェルチの経営の教科書。人材の選び方や扱い方、ビジネスマンの家族との関わり、仕事とプライベートのバランスなど様々な部分をカバーした1冊。

『#GIRLBOSS』:ソフィア・アモルーソ

サブタイトルの「万引きやゴミあさりをしていたギャルがたった8年で100億円企業を作り上げた話」の通り、ネットオークションの古着販売から、従業員350人の100億円企業「ナスティ・ギャル」を築き上げた、ソフィア・アモルーソのサクセス・ストーリーから紐解く。新時代のビジネス感覚を養うヒントが詰まっている。

『GMとともに』:アルフレッド・スローン

ゼネラルモーターズ(GM)CEOによる名著。53年前に書かれたビジネス書だが、現代の企業経営にも脈々と受け継がれている「20世紀最高の経営書」。

『私のウォルマート商法』:サム・ウォルトン

アメリカの巨大小売りチェーンにして世界最大のディスカウント・ストア、ウォルマートを築いたサム・ウォルトンの企業経営の指南書。自身の自伝でもあり、サブタイトルの「すべて小さく考えよ 」にあるように現場至上主義、組織のスリム化など不変の経営理念の集積ともいえる名著。

『顧客が熱狂するネット靴店 ザッポス伝説』:トニー・シェイ

トニー・シェイCEOによるオンライン靴小売店ザッポスの成功の軌跡と、ユニークな経営方法論が記されている。企業文化の育て方、従業員、顧客との関わり方など、新しいが普遍的な部分も多い、新たなスンダードといえるビジネス書。

『デルの革命』:マイケル・デル

ダイレクト販売で一時代を作ったパソコンメーカー、デルの創始者、マイケル・デルの創業時のエビソードをつづったビジネス書。デル最初の15年間の驚異的な成長と経営理念などを中心に、IT化で目まぐるしく変わる社会環境の変化なども描かれており、読み応えがある1冊。今や当たり前だが、当時としては画期的な直販スタイルなど、デルが作り上げた雛形も多い。



■参照リンク
aol.com

■今月のAOL特集
元人気子役たちの今&昔【フォト集】
続きを読む