『スカッとジャパン』杉村太蔵が演じた「自慢だらけのクレーマー社長」がハマリすぎと大反響!「エセ大物感がスゴいw」


5月22日に放送された『痛快TV スカッとジャパン』(フジテレビ)に元国会議員でタレントの杉村太蔵が登場。番組中であまりに強烈すぎる「クレーマー社長」役を好演し、視聴者の間で話題となっている。


この日、視聴者投稿再現VTR【自慢だらけの社長野郎】に登場した杉村は、自分が金持ちであることを鼻に掛け、高級レストランでも平気で文句ばかり言うという、なんとも困ったタイプのセレブ男性として登場。彼は、体験したことのない高級料理を前に、子供のように喜ぶ彼女に「食べる前に『おいしそう』ってちょっと失礼なんじゃない?」と軽くダメ出ししたかと思えば、高級店特有の雰囲気にどぎまぎする様子の彼女に「全然高級じゃないんだよ!」「普段はこんな店よりもっと高級な店ばっか行くんだ!」と周囲をはばからずに大声で発言するなど、序盤からかなり失礼な言動を連発。

またその後、料理が運ばれてきた際にも「これなら俺でも作れるわ」「こんなレベルの料理しか食えないんだったら俺が手料理ふるまうよ」と失礼三昧で、あげく、皿に落とした自分の髪の毛を、店側のミスであるかのように責め立て、「俺はね、有力な国会議員いっぱい知ってるんだよ!こんな店、吹けば飛ぶんだよ!」と罵りながら慰謝料を払えと言い出す始末。こうした杉村の熱演に番組MCの内村光良からは「杉村太蔵、上手いね」とお褒めの言葉があったものの、ゲストの陣内智則からは「いや、ムカつきますね」という声が、同じく千秋からも「演技じゃなくて地でしょ?素でやってんじゃないかって思って。全部言いそうなんだもん」という指摘があった。

なお、ネット上の視聴者からは「ハマリすぎだろwww」「芝居とわかっていてもイラっとくるなwww」「芝居、うまいな~」「一歩間違うと美味しんぼの山岡さんだなw」「そのまんますぎてw」「こういうとっちゃん坊やっぽいのはみんなイラっとくるだろw」「エセ大物感を醸し出させたら結構いい芝居しそうだなw」といった声が相次いだ。

同番組における比較的近いタイプの"上から目線系"としては、かつて、フリーアナウンサー・福澤朗の演じた「金持ち自慢の男」や、「ラーメンうんちく男」などが視聴者の間で注目を集めたことも。そうした中で登場した新たなタイプの上から目線系であるだけに、杉村の次回の登場に期待したいところだ。



■参照リンク
『痛快TVスカッとジャパン』公式サイト(月曜夜7時57分からフジテレビ系列にて放送)
www.fujitv.co.jp/sukattojapan/

■今月のAOL特集
世界のかわいい動物たち【フォト集】

続きを読む