ピッチャーの顔面にボールが直撃!?衝撃の瞬間を映した動画が話題に



度々過去の膨大な映像などが偶然発掘されてアメリカの野球メディアなどで話題になることがある、アメリカのマイナーリーグの珍プレー。そんな映像のひとつが話題となっている。

https://youtu.be/AS1oVbHiOMQ


ランシング・ラグナッツというマイナーリーグ(トロント・ブルージェイズの傘下A級=4軍相当)の試合でのプレー。ダニエル・ノリス投手が顔面めがけて飛んで来たライナーをもろに受け、そのままマウンドで失神。顔面に当ててしまった相手バッターも頭を抱え天を仰ぎ、審判も選手のところに心配そうに駆けつける姿をみると、いかに致命的かつ危険な状況なのかは容易に想像できる。

かなりシリアスな空気が流れる中、「うそぴょーん」と立ち上がるピッチャー。これタチの悪いドッキリ。スローモーションを見ると、間一髪でグローブでキャッチ。一瞬顔をかすめているようにも見えるが、もの凄い反射神経で危険を回避している。

ちなみにこの映像は2013年のもの。このダニエル・ノリス投手、その後2014年にブルージェイズでメジャー昇格し、現在はデトロイト・タイガースに所属。出場機会は少ないがメジャー昇格も経験。豆知識としては球界きってのミニマリストとして、ドラフトの契約金で買ったワーゲンのバンにソーラーパネルを付けて路上生活していることでも知られるちょっと変わり種の投手だ。駆け出しからその変人ぶりのフラグが立っていたことは、このドッキリ映像からも察することできる。

■今月のAOL特集
セクシーすぎる水着美女が大集合【フォト集】
続きを読む