傑作の予感しかない映画『ファインディング・ドリー』に、「水中の女神」元水泳選手・田中雅美が参加!「声優という『海』でもしっかり泳いでみたい」


ニモが「もしも家族が見つかったらドリーとはお別れなの?」とつぶやく落涙全開の珠玉の予告編の時点で大傑作の予感しかない『ファインディング・ニモ』の全世界超待望の続編、『ファインディング・ドリー』が7月16日(土)、日本列島で大公開! その日本語吹替版キャストに"水中の女神"メダリストの元水泳選手、田中雅美氏の参加が決定したぞ!


田中さんが今回演じるキャラクターは、ドリーの"家族の思い出"に繋がるマカジキだ。そのセリフは一言だが、物語の重要な鍵を握っているそうで、「わたしの役は、家族とはぐれた忘れんぼうのドリーが出会う魚の役です。セリフは少ないですが、あのドリーがどうやって過ごしてきたのか、過去と今を結ぶ大切な役割なんですよ」と、詳細に情報を説明!

また、初めての声優経験は、「一言だけなのに難しくて、細かいニュアンスがうまくいかなかったり、微妙な声の大きさを変えたりして何回も録り直しました。ピクサー作品のこだわりが垣間見れて、とても貴重な経験になりました」とディズニー作品における声優の難しさを明かすものの、「ディズニー/ピクサー作品で声優に挑戦できるなんて本当にうれしいです! さらに、美しい海を舞台にした大好きな作品の続編ということで、本当にワクワクしています! 声優という"海"でもしっかり泳いでみたいです!!」と喜びを表現! 現在、水泳選手、スポーツコメンテーター、そして女優と、さまざまな海で泳ぎ続ける"水中の女神"が、今度は声優初挑戦でディズニー/ピクサーの大海原へ泳ぎだすぞ!


実は誰もが応援したくなる忘れんぼうのドリーが主役の本作には、日本全国各地を代表する方々が日本語吹替版キャストとして参加をしているのだ。北は北海道から南は福岡まで、日本中で"ドリーの家族探し"を助けるべく強力な助っ人たちが、声優としてドリーを応援する。今回の田中さんは北海道代表としての参加が発表になったが、そのほかの地域では誰が参加するのか今後明らかになっていく予定で、公開までの2か月弱が楽しみだ。

日本中、いや世界中で社会現象を巻き起こした『ファインディング・ニモ』を上回るフィーバーが、この夏、各地で巻き起こるはず! 『ファインディング・ドリー』に期待だ!


前作以上にスケールアップした驚くべき冒険と、家族や友情の大切さを描いた感動のストーリー『ファインディング・ドリー』は、2016年7月16日(土)より、全国ロードショー!



(C)2016 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

■参照リンク
映画『ファインディング・ドリー』公式サイト
Disney.jp/Dory

■今月のAOL特集
世界のかわいい動物たち【フォト集】
続きを読む