「日本感動協会」チェアマン・徳光和夫、絶対アツい感動の人間ドラマ『サウスポー』に大号泣!【動画】



ジェイク・ギレンホール主演映画、感動の人間ドラマ『サウスポー』、が6月3日(金)より全国公開される。本作の「徳光和夫・WEB限定特別映像」が公開された。

https://youtu.be/cjSzWoEqa-A


映像では、「日本感動協会」のチェアマンに就任した徳光和夫が、本作の感動を日本中に伝え感動の輪を拡げるべく、劇中4試合のボクシングシーンのアテレコ実況している。

初戦の実況では、無敗の世界チャンピオンとして君臨していた主人公ビリー・ホープ(ジェイク・ギレンホール)の、あえてパンチを受け、怒りをエネルギーに変えて相手を倒していく、という戦法を「顔を切らせて肉を取る」と独特の言い回しで表現。歴戦のベテランアナウンサーとしての実力を存分に発揮している。

本作について「感動がボディーブローのように効いてくる映画。私はこういった映画が本物の感動映画ではないかと思いますね」と語る徳光は実際、本作の鑑賞時に号泣しており、その際の模様を収めた暗視カメラ映像も織り込まれている。

クライマックスとなる最終戦の実況では、自らが受けた衝撃と感動をどのように表現すれば視聴者に伝わるのか、慎重に言葉を選び、鋭い眼差しで画面に向かう彼の姿が見られる。

本作のボクシングシーンにリアルさがあったらこそ実現したこのコラボレーション。ふだんの笑顔の"徳さん"とは違った、鬼気迫り、魂を込めながら、スポーツの感動を伝えるかのように、丁寧に言葉を紡いでいく様子に胸が打たれ、ますます映画への期待が高まる映像となっている。


「倒すのは、昨日の自分だった」彼が左の拳を握る瞬間―その運命が変わる。リング上で脚光を浴びるチャンピオン、ビリー・ホープ。怒りをエネルギーに相手を倒すというスタイルに心配が耐えない妻と娘。その彼の怒りは無情にも妻の死へと繋がってしまう。最愛の妻を失くしたビリーは悲しみに暮れる毎日。ボクシングにも力が入らず全てを失ってしまう。愛する娘までも...。そんなビリーは、今は第一線を退き、古いジムを営むトレーナーのティックのもとを訪れる。かつて、ビリーが唯一恐れたボクサーを育てた彼に教えを請い、自らの「怒り」を封印することを学んでいくビリー。やがて彼は、過去の自分と向き合うことで闇のなかに光を見出して行く...。



映画『サウスポー』は6月3日(金)より感動のロードショー

Artwork© 2015 The Weinstein Company LLC. All Rights Reserved.

■参照リンク
『サウスポー』公式サイト
southpaw-movie.jp

■今月のAOL特集
マコーレー・カルキン、エドワード・ファーロングら元人気子役たちの今&昔【フォト集】
続きを読む