SKE48・佐藤すみれの妄想ロリータ少女が可愛すぎる!「私が叶えたい妄想は...」


人気月刊誌「ヤングエース」で連載中の同名原作を実写化した『燐寸少女 マッチショウジョ』で、主人公の謎の少女・リンを演じたSKE48の佐藤すみれに直撃取材! 寿命を交換条件に人間の心が抱く妄想を具現化する"妄想燐寸"を持っている彼女が、心に闇(=キズ)を持った人の前に現れるというストーリーで、佐藤はロリータ衣装に身を包み謎の少女・リンを熱演! 佐藤自身にも具現化したい妄想があるようだが、それははたして......!?


――初の単独主演ということで、最初に一報を聞いた時はいかがでしたか?

小学校一年生の頃から子役をしていたので、その後映画に出たこともありましたが、単独の主演は初めてということもあって、本当にうれしかったです。アイドルをしているとファンの方は自分が少しでもたくさん映っていると喜んでくれるので、「早く皆に言いたい!」と思いながら握手会をしていたこともありましたね。

――実際、主演という大役を務め終えたいま、何か感じることはありますか?

いつも思うことは、今回のような主演やSKE48でセンターを務めた後は、すごく堂々としていられるんです。そういう機会が最近増えてきて、この間もセンター曲を歌った時に同じ気持ちになったので、終わった後にじんわりと実感しますね。


――主人公のリンという少女については、どういうイメージで演じていましたか?

彼女はまばたきをしないとか、最初は人形みたいなイメージを勝手に抱いていましたが、最終的には崩して演じました。だから最初はセリフが棒読みっぽくなってしまい、人間じゃない、感情がないような設定で作り込みすぎてしまいましたね。

――この種のインタビューではスーパー月並みな質問ですが、具現化したい妄想は???

名古屋と東京の間の瞬間移動とか、ウイッグではなくて髪の毛の色がすぐ変わるとか(笑)。でも結局何をしても副作用が出るので、困りますよね。後は疲れない体とか、つまらないことしか出てこない(笑)!

――ちょっと控え目ですよね。もっとスケール感があっても(笑)

この作品と出会って、大きな願望とか望まなくなっちゃったんですよ。裏とか考えちゃうし、いろいろと現実を意識しすぎて、こうしたいああしたいとか思わなくなっちゃって(笑)。内容が本当にダークだったので......。

――(笑)。それにしても、続編があるようなステキな終わり方です!

ラストシーンも、いくつかパターンを撮りました! いくつもの解釈が可能なように、いろいろと撮っていたと思うので、注目してほしいですね。


――今日はありがとうございました! 最後に映画を心待ちにしているファンに一言お願いいたします!

もともとの性格がヘンなところまでこだわるタイプなので、細かいところまでトコトンまでやったので、何回でも観てほしいですね。普段は名古屋で活動しているので、全国で公開になることが本当にうれしいです!



映画『燐寸少女 マッチショウジョ』は、全国大ヒット上映中!

■参照リンク
『燐寸少女 マッチショウジョ』公式サイト
hhttp://matchgirl-movie.com/

■今月のAOL特集
セクシーすぎる水着美女が大集合【フォト集】
続きを読む