ぐうかわ青春映画『オオカミ少女と黒王子』出演!超絶まぶしいキラキラ女子・玉城ティナ&池田エライザに突撃


エリカ役の二階堂ふみが「ぐうかわすぎてツライ!」などと、映画を観た人の激賞が後を絶たない『オオカミ少女と黒王子』が日本列島で絶好調! AOLニュースでは、エリカのクラスメイトで友人の立花マリン役の玉城ティナ、同じく手塚愛姫役の池田エライザにインタビュー! オオカミ少女のエリカと黒王子の恭也(山崎賢人)の、ウソから始まる恋模様は、世代が近いふたりにはどう映ったのか!? 撮影秘話など絡めて、いろいろ聞いたぞ!


――胸キュンの青春ストーリーが観た人の中で大好評ですが、感想はいかがですか?

池田:自分が出ているとなかなか集中して観られないので、反省しながら観終わっちゃうことが多かったけれど、今回は青春モノだったせいか、ふみちゃんと賢人君にやられてキュンキュンして観終わりました。心を持っていかれたなって感じです(笑)。

玉城:少女マンガの世界観で、台本の段階で知っているはずなのに、「俺のイヌに......」みたいなセリフにハッ! という感じになっちゃって(笑)。まるで、初めて今回の作品を観る女の子のような感じで観ちゃいました。

池田:もう高校を卒業しているのに、「あ、わたし高校生じゃなかった!」みたいな高校生気分で観ちゃっていましたね。すごく高校時代に戻りたくなりました。

玉城:そういう皆がキュンキュンする映画にマリンとして出られたことを、本当にうれしく思います。


――そのマリンちゃん、ドS王子の佐田恭也に頬をガッとつかまれるシーンがありますが、その直後、まんざらでもない表情を浮かべているように観えましたが(笑)

玉城:本当ですか! ちょっとやばい(笑)。

池田:そのシーン、めちゃくちゃ面白いですよね!

玉城:本来、あそこは無でいこうと思っていたんです。でも原作のマンガでは、その後に手塚が「何いいと思っているんだよ!」ということを言うので、たぶん、そうなっちゃったんですよ(笑)。

――原作に忠実な演技だったと(笑)。

玉城:そうです(笑)!

池田:数テイク、撮ったんですよ。でも、「顔がオフになっている」と言われていて(笑)。
しかも撮った後、頭をふるので、どうしてかなって思っていました(笑)。

玉城:あそこまでの体験がないので、ちょっとびっくりしちゃったんですよね。

池田:共演の女の子たちは皆、笑っていました。面白かったです。


――ところでオオカミ少女のエリカと、黒王子の恭也、このふたりの恋愛って、どう思いますか?

玉城:恭也君の言動は、よくよく考えるとひどいことを言っていて、それに負けないエリカみたいな子って、すごいなって思います。いまの若い子は、ちょっとSなほうが好きって聞いたことがあるんですけど、ここまでSだとイケメンでもちょっとなって思います。

池田:実際にいれば、仲良くなりたいよね!

玉城:いや、絶対無理だと思う(笑)。ここまでの人は高校生活でいなかったので、いれば刺激にはなると思うけど。

池田:わたしは面白いことを言う男の子だなって思ったので、仲良くなりたいと思いました。絶対好きにはなれないし、言われたら腹が立ってギャギャーけんかしちゃうと思うけれど、仲良くはしたいですね。

――エリカの気持ちはどうですか? 共感しましたか???

玉城:エリカって、「そんなことを言うんですか!」を言う瞬間のために、生きているじゃないですか(笑)。ツンとデレの間の何秒かのために生きている感じは、わたしにもわかる! って、思いました。それを一度知っちゃうと、「また言ってくれるかも」って、だからどんどんエスカレートするんだろうなって思います。恭也君は、アメとムチが上手なんです。

池田:同意見ですね! イケメンだから特にズルいって思います。黒王子ですよね(笑)。


映画『オオカミ少女と黒王子』は、超絶大ヒット上映中!!



(C)八田鮎子/集英社 (C)2016 映画「オオカミ少女と黒王子」製作委員会

■参照リンク
映画『オオカミ少女と黒王子』公式サイト
wwws.warnerbros.co.jp/ookamishojo/

■今月のAOL特集
共演がご縁でくっついたカップルたち【フォト集】
続きを読む