「みんな、休みを取ろうよ!」 メキシコ観光局が作ったCMがカッコよすぎる【動画】



世界各国と比べてもハードワーカーが多いと言われるニッポンだが、アメリカ人にも、仕事が忙しくて休みを取らない(または取れない)人は多いらしい。

https://www.youtube.com/watch?v=E-xfAy-LK4k


そんなアメリカ人ハードワーカーに向けて作られたのが、メキシコ観光局の「バカンスに行こうよ」キャンペーンCM。

「2015年、アメリカ人の41%はバカンス(長期休暇)を取りませんでした」というメッセージと共に、セールスマンのマイクさんが登場。取らなかった休暇は65日間(!)という彼は、「自分はワーカホリックだと思う」と認めている。次に登場したアンさんは企業家で、仕事のせいなのか、9年もの間、長期休暇を取っていないという。

そんな2人に用意されたのは、「自分の"ドッペルゲンガー(そっくりさん)"が自分たちに代わってバカンスを満喫している」映像だった。

髪型から服装、顔のつくりまで完コピ状態のそっくりさんに、マイクさんもアンさんも驚愕しながら、映像を見ていく。自分が行きたいと思っていた場所に、自分のそっくりさんが行き、楽しんでいるのだ。映像だけ見ると自分が楽しんでいるようにも思えるが、それはあくまでもそっくりさんで...。

「そこに行くべきは、ほかでもない自分なのに...」と、悲しそうなマイケルさんとアンさん。そんな彼らには、目的地までの航空券がプレゼントされた。

見た人からも

「素晴らしいメッセージだ。是非メキシコにおいでよ!また行きたくなるはずだから」
「人生は短いんだ。よくできたキャンペーンだね!」

と好意的な声が。「先日のゴールデンウィークは仕事だった」なんて人、いきなりバカンスは難しいかもしれないが、小旅行に出てみるといいかもしれない。

https://www.youtube.com/watch?v=6zmTyN45SMc


■今月のAOL特集
セクシーすぎる水着美女が大集合【フォト集】
続きを読む