センターは齋藤飛鳥!乃木坂46新シングル選抜発表で涙ながらに意気込みを語りファン感動 「新時代来た」「泣けてきた...」


6月5日深夜に放送された『乃木坂工事中』(テレビ東京)で、乃木坂46の15thシングルの選抜メンバーが発表され、ファンからは様々な声が巻き起こっている。


新シングルのセンターに抜擢されたのは、最年少1期生の齋藤飛鳥(17)。齋藤の他、1列目は橋本奈々未、西野七瀬、白石麻衣、生田絵梨花、2列目に高山一実、衛藤美彩、松村沙友理、秋元真夏、桜井玲香。1、2列目を飾るこの10人のメンバーで「十福神」を形成することになる。さらに、3列目に北野日奈子、星野みなみ、若月佑美、生駒里奈、堀未央奈、中元日芽香という布陣で臨むことが発表された。

センターに選ばれた齋藤は「夏曲だし、たぶん明るい曲じゃないですか。私、本当に明るい曲が似合わないし、なんかもう本当にごめんなさいとしか言えないし...」「今、本当に乃木坂46はいい調子できていて。私のせいで売れなくなっちゃう」と涙ながらに語ったが、こうした結果を受けてネット上のファンからは、「あかん、泣けてきた...」「おめでとおおおおお!!!!!」「あしゅ頑張れ!」「かわいすぎるわwww」「ひめたんキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!」「生駒ここかー」「かずみんも安定だな」「いくちゃんはいてくれるだけでいい」「これは当然」「まいやんは相変わらず美しすぎるな」「今回はめっちゃ楽しい」「これはついに世代交代か」「新時代来たな」と、それぞれの健闘を称え、その活躍に期待する声が相次いだ。

齋藤といえば、ファッション雑誌「CUTiE」2015年2月号に登場するや、すぐさま雑誌が完売となり、その後、同誌の専属モデルに大抜擢されるなど、乃木坂46としての活動のみならず、特徴である"小顔"と均整のとれたプロポーションでファッション界での注目度もうなぎのぼり。センターとして臨むこととなった今作に対する期待の声も既にかなりのものとなりつつある。

なお、今週は、6月10日に放送される『ミュージックステーション』(テレビ朝日)に出演し、2ndアルバムから「きっかけ」を披露することが予定されている乃木坂46のメンバーたち。こちらの方についても、意外な選曲が話題となっているが、いずれにしても、今回選抜されたメンバーも、そして惜しくも涙を飲んだメンバーも、今後のさらなる飛躍に、多くのファンからの期待と注目が集まっている。

https://youtu.be/Pke1jhFXKX0


■今月のAOL特集
元人気子役たちの今&昔【フォト集】
続きを読む