TBSラジオ、月間5000万DLを誇るポッドキャストを終了 新サービス「TBSラジオクラウド」がスタート


TBSラジオは2005年10月よりサービスをスタートしたポッドキャストを終了し、新サービス「TBSラジオクラウド」を6月6日よりスタートすることを発表した。


月間5000万DL、月間300万UU(ユニーク端末)を誇るコンテンツにまで成長し、多くのリスナーに指示されたポッドキャストだが、最近のスマートディバイスの普及や通信環境の向上に伴い、音楽ストリーミングサービスなど音声コンテンツへのユーザー需要も高まっている背景もあることから、さらなるリスナーサービス向上を目指し、新サービスへ移行することになった。

「TBSラジオクラウド」は番組の一部音声や、オリジナルの音声コンテンツなどをパソコンやスマートフォンのウェブブラウザーを通じて、インターネットがつながる環境でいつでもどこでも手軽に聞ける新サービス。TBSラジオの生放送後にアップロードされ一定期間楽しむことができる。聴取は無料。また最新のコンテンツはユーザー登録せずにアクセスすれば簡単に聞くこともできる。
なおユーザー登録をすると、過去のコンテンツを聞くことができる他、利用している人がよく聞く番組などをMYページなどにコレクションすることができる機能も用意している。

本サービスでは、PODCASTと同様のコンテンツラインナップと機能を整え、継続的に音声コンテンツを提供できる環境と、近い将来にアプリ化を目指す予定だ。
※ポッドキャストサービスは6月30日をもって終了する。

■参照リンク
TBSラジオクラウド 公式サイト
https://radiocloud.jp (6月6日開始)


■今月のAOL特集
セクシーすぎる水着美女が大集合【フォト集】
続きを読む