【ディズニー情報】パークで人気の水で絵を描くアート、15周年限定バージョンが11種類登場!


東京ディズニーシーのパークの地面に現れるサプライズな絵、「カストーディアルアート」。現在、開園15周年を盛大にお祝いするアニバーサリーイベント「東京ディズニーシー15周年"ザ・イヤー・オブ・ウィッシュ"」を開催中の東京ディズニーシーでは、15周年限定の「カストーディアルアート」が、11種類も新登場した。梅雨の時期、見る機会が多そうだ!


「カストーディアルアート」とは清掃やゲストの案内担当を行うカストーディアルキャストが、水で地面に描くディズニーキャラクターの絵のこと。


東京ディズニーシー15周年の期間中の現在、メディテレーニアンハーバーにて公演中の「クリスタル・ウィッシュ・ジャーニー」のコスチュームを身につけたミッキーマウスやミニーマウス、ディズニーの仲間たちのアートが新たに登場! また、東京ディズニーシーでしか出会えないダッフィー、シェリーメイ、ジェラトーニも15周年限定カストーディアルアートになって登場した。






水を絵の具のように使い、トイブルームというほうきを筆のように操って、さまざまなアートを描くカストーディアルキャストの姿は、まるで魔法使いのよう! ちなみにカストーディアルアートはサプライズなサービスなのでパークのどこで遭遇するかはお楽しみで、カストーディアルのキャスト全員がアートを描くわけではないので、ご注意を。また、15周年限定のアートは東京ディズニーシーのみでの実施で、ミッキーマウス、ミニーマウス、ドナルドダック、プルート、グーフィー、デイジーダック、チップ、デール、ダッフィー、シェリーメイ、ジェラトーニの11種類。東京ディズニーランドでは、通常版のカストーディアルアートを実施しているので、両方のパークで異なるアートが楽しめることに。

12 PHOTOS
東京ディズニーシー「カストーディアルアート」が可愛すぎる【フォト集】
See Gallery
【ディズニー情報】パークで人気の水で絵を描くアート、15周年限定バージョンが11種類登場!
HIDE CAPTION
SHOW CAPTION
of
すべて見る
スライドに戻る


雨が多くなるこの時期は、カストーディアルアートに出会えるチャンスが増えるかもしれないので、カストーディアルキャストならではの、サプライズなシーンに期待! 期間限定のカストーディアルアートが見られるのは、アニバーサリーイベント「東京ディズニーシー15周年"ザ・イヤー・オブ・ウィッシュ"」を開催中の2017年3月17日(金)まで!




※写真はイメージです。実際のサービス、プログラムなどを保証するものではありません。
(C) Disney

■参照リンク
東京ディズニーリゾート
http://www.tokyodisneyresort.jp/

■今月のAOL特集
世界のかわいい動物たち【フォト集】
続きを読む