『ナカイの窓』ヒドすぎる天狗ぶりで番組降板!?陣内智則が見せた「本気の涙」が視聴者の間で話題に


6月8日に放送された『ナカイの窓』(日本テレビ)で、タレント・陣内智則が本番中に本気で涙するというなんとも珍しいひとコマが登場。その様子が視聴者の間で話題になっている。


この日、番組では、まず、「白ぬり芸人SP」という嘘の企画で陣内をゲストMCとして呼び、収録が開始された段階で、実際には【陣内ありえへんSP】という、陣内を糾弾する企画であることを発表。陣内だけが状況を飲み込めず、狼狽した様子を見せる中、当初、中居らが説明したところによると、この企画は、以前に行われたハワイロケの際に、エコノミーチケットでの移動だとわかるや、出発直前に陣内が「ありえへん!」を連呼してクレームを入れ、なんと数百万円の追加費用をかけてビジネスクラスのチケットへとチェンジさせたという「エコノミー事件」について、その真相を探るためのものとのこと。番組では、スタッフらの証言を元に、当時の状況を再現ドラマ化したVTRを放送した。

こうした展開に、当初は言い訳まじりに釈明していた陣内であったが、その後、交友関係のある芸人らの証言によると、"天狗"であるという陣内は、楽屋での弁当を親子丼にするように強要したり、後輩芸人に対して執拗にゴキブリのモノマネをさせたり暴挙を連発していたことが判明。これを受けたスタジオの観覧客からは引き気味のどよめきが巻き起こる中、中居は陣内の番組卒業を発表。そのあまりに急激な展開に酷く落胆した陣内は「すみません。早く戻って来れるよう頑張ります。また中居さんの横に立てるよう、頑張ります。大きくなって帰ってきたいと思います」と涙ぐんだ。

しかし、これらはもちろんドッキリ企画。実際には陣内は周囲の人々から愛されており、「エコノミー事件」についても、陣内のおかげでみんながビジネスクラスで移動できたと、アンジャッシュ・児島やハリセンボン・近藤らからは感謝の声が飛び出した。すると陣内は急に安堵したのか、「この涙はなんだろう...テレビ番組で涙を見せたことは1回もない」とつぶやき、さらに涙するというひとコマがあった。

こうした一連のドッキリ企画に、ネット上の視聴者からは「陣内wwww」「なんか見ているこっちがハラハラしたわwww」「ドッキリなのかドッキリじゃないのか」「ああいうときの中居君ってめっちゃリアリティあって迫力あるなw」「つかネタ企画のために呼ばれた白塗り軍団が悲しすぎるやろwwww」「来週MCやるとかいってたけどこれでコウメ太夫とかに代わってたら吹くよなw」といった声が寄せられた。エンディングでは、嘘企画のために呼ばれていたキャラ芸人・コウメ太夫に手ほどきを受ける形で、陣内が白塗り女装で再登場し、彼のシャウトでしめくくられたこの日の放送。暫定キャラ芸人化もガチの涙も、陣内にとっては珍しい出来事。今後もその活躍に期待したいところだ。






■参照リンク
『ナカイの窓』公式サイト(水曜23時59分から日本テレビ系列にて放送)
ntv.co.jp/nakainomado/
陣内智則 公式Twitter
https://twitter.com/jinnai_tomonori

■今月のAOL特集
共演がご縁でくっついたカップルたち【フォト集】
続きを読む