ジョージ・クルーニーが撃たれた!?ジョディ・フォスター監督『マネーモンスター』本編映像が手に汗すぎる!【動画】



主演ジョージ・クルーニー、ジュリア・ロバーツ、監督ジョディ・フォスターという超豪華スターがタッグを組んだリアルタイム・サスペンス大作『マネーモンスター』が6月10日(金)より日本公開となる。この度、番組をジャックした犯人ではなく、番組司会者を演じるジョージ・クルーニーがなぜか狙撃手に狙われる衝撃的な本編映像の一部が解禁された。

https://youtu.be/ghh6FMLv_PQ


『マネーモンスター』は、ジョージ・クルーニー演じる司会者の軽妙トークと財テク情報で高視聴率を稼いでいるテレビ番組「マネーモンスター」の生放送中に起きた衝撃の事件を描く緊迫のリアルタイム・サスペンス。本作のプロデュースも兼任したジョージの他、番組ディレクター役にはジュリア・ロバーツ、ジャック犯にはイギリス人俳優、ジャック・オコンネルが抜擢されている。


今回初公開される映像の内容は、ジャック犯にプラスチック爆弾入りのベストを着せられた司会者・リーが狙撃手に狙われる緊迫した場面。犯人の手にある起爆装置とつながった受信機がそのベストについており、狙撃手はそれを狙っている。受信機をうまく撃って成功したとしても、弾はリーの腹部にまで到達する可能性があることも警察は理解している。それを知った女性ディレクター・パティ(ジュリア・ロバーツ)は、リーをどうにか助けようとするが...。最後は銃声が鳴り響き映像が終了。はたして、リーは撃たれてしまったのか!?番組ジャックはその後どうなるのか、気になって仕方がない衝撃映像だ。

実力派俳優たちの名演により、生放送中のスタジオを舞台に少しずつ明らかになってくる驚愕の"真実"によって激変していく犯人との関係をまざまざと描いていく、ジョディ・フォスター監督が長い年月をかけ全身全霊で作り上げた渾身の一作『マネーモンスター』驚愕の"真実"が暴かれようとしたとき、彼らと全米中の視聴者が直面する、知ってはならない「結末」とは――。ぜひ劇場で目撃してほしい。


映画『マネーモンスター』は6月10日(金)全国ロードショー!



■参照リンク
映画『マネーモンスター』公式サイト
MoneyMonster.jp

■今月のAOL特集
セレブたちの知られざる兄弟姉妹【フォト集】
続きを読む