AV監督・村西とおる、公開オーディション企画で披露した女性たちへの面接官ぶりがスゴすぎてネット衝撃!「ある意味天才」


6月9日に放送された『アウト×デラックス』(フジテレビ)に、AV監督の村西とおるが登場。番組中で披露したそのあまりにアウトすぎる面接ぶりが、視聴者の間で話題となっている。


この日番組では、初代、2代目と立て続けにカウンターガールが"ワケあり"の降板という事態に見舞われたことで、公開オーディション形式で3代目のカウンターガールを選ぶことになり、審査委員としてAV監督のレジェンドとして知られる村西とおる氏が招聘された。以前、同番組に出演した際には、あまりにアウトすぎるキャラクターと、それでいて紳士的な物腰を披露した同氏だけに、肝心の面接がどのような形となるか期待された。

そうした中で村西氏は、交際相手との肉体関係を否定する女性に「大嘘つき」と、また、「60代の男性は包容力があって魅力的」だと語る女性に「40も年上のジジイのどんな所が好きなの?包容力?...あ、無気力な所ね」と、のっけからバッサリやったかと思えば、別のセクシーな女性に対して「マツタケはナメてしゃぶってまたなめて」というなんとも微妙なセリフを連呼させたり、自分がドMだと語る女性に「どういうふうになっちゃうのよ?あなた言葉だけで!」「『許さないよ』(と言われるのが)が好きなんでしょ?言ってごらん、『許してください』って」と、AVさながらの言葉攻めを繰り出すなど、終始独特な選考ぶりを披露した。

こうしたあまりに強烈な同氏の言動に、ネット上の視聴者からは「まさかの大嘘つき呼ばわりwwww」「紳士的な態度なのに言うことむちゃくちゃすぎるwww」「さすが変態紳士wwwwww」「言葉攻めのときの迫力がハンパねえなw」「明らかにヤバいタイプなのになぜかダンディなんだよねwww」「ある意味天才」「7000人の女を見てきたとかすごすぎるわw」といった声が相次ぐこととなった。

村西氏といえば、80年代に爆発的なヒット作品を連発したカリスマAV監督として知られているが、その前には、英会話教材や百科事典のセールスマンとして大活躍。持ち前の巧みなトークと人物を見抜く鑑定眼で好セールスを記録した実績を持つなど、「人を見る」ことにかけては天才的な技術と経験を併せ持つという、いわば「人のプロ」だが、そんな彼の経歴を鑑みると、こうした独特な面接ぶりも、さもありなんといったところかもしれない。


■参照リンク
『アウト×デラックス』公式サイト(木曜23時からフジテレビ系列にて放送)
www.fujitv.co.jp/outdx/
フジテレビ Twitter
https://twitter.com/fujitv

■今月のAOL特集
セレブたちの知られざる兄弟姉妹【フォト集】
続きを読む