TOKIO・山口達也が語る「女子力」についての持論が「ぐう正論すぎる」と話題に


TOKIOの山口達也が、6月8日に放送された『TOKIOカケル』(フジテレビ系)で「女子力」について持論を展開。ネット上で「耳が痛い」「ぐうの音も出ない」などと話題を集めている。


この日は、現在放送中のドラマ『早子先生、結婚するって本当ですか!?』に出演する、女優・松下奈緒がゲストで登場した。同ドラマの早子先生は女子力ゼロの体育系教師。そこで、松下は「女子力とは何だと思います?」とTOKIOに質問した。

松下は「男性が思う女性像と、女子力って違うと思う。『女子力がある』って言われると、男の人に好かれるために媚びてるようにも思えてくる」と"女子力"の言葉が持つ意味に疑問を感じていることを明かした。

すると、山口は「ぶりっ子は大きな女子力だと思います。そういうことを『何やっちゃってんのあの娘?』って言ってる方が女子力がよっぽど低い」と指摘。これを聞いた松下が「言っちゃう...」と苦笑いすると、山口は「異性に好かれる事をやれるのが女子力なのかなって。オレ的にはね」と語り、「文句言う暇があったらもうちょっと...」とお説教モードになった。

また、松岡昌宏も"女子力"について持論を展開した。松岡は「ギャップが女子力じゃないの?」と話すと、例として「松下さんのような清楚なイメージの人が、お酒を飲んでる時に、松下さんからキスするとか」と松岡が思う女子力がある女性の行動を説明した。だが、この独特な考えに共感するメンバーはおらず、松下も「うーん」と困惑していた。

これを観た視聴者は、ネット上に「真理突いた山口さんの説教。うっ耳が痛い...! 」「ぐう正論すぎる」「山口くんの女子力定義にやられた」「山口君の発言、ほんとそれ」「山口兄貴のご意見がごもっとも過ぎて、ぐうの音も出ませんわ!!w」「松岡さんおもしろい」などのコメントを寄せていた。



■参照リンク
『TOKIOカケル』公式サイト(水曜23時からフジテレビ系列にて放送)
www.fujitv.co.jp/TOKIOKAKERU/

■今月のAOL特集
世界のかわいい動物たち【フォト集】
続きを読む