落書きじゃないよ!ジカ熱をアートの力で予防する試みが話題に【動画】



高熱や頭痛を引き起こす感染症で、アフリカなどでは乳幼児の死因の1つにも数えられる"マラリア"。<AOL News>でもご紹介したジカ熱(ジカウイルス感染症)同様、蚊を媒介としたこの病気をアートの力で予防するプロジェクトがあるらしい。

https://www.youtube.com/watch?v=VMKTb07o1HU


アフリカ南西部の国アンゴラでは、毎年6,000人以上がマラリアで命を落としているという。ウイルスを媒介する蚊は、特に衛生状態の悪い場所に寄生し、人々を襲うのだ。

そこで誕生したのが、"ZERO"なるスプレー塗料。昆虫忌避作用を持つシトロネラの精油をベースにしたこのスプレーは、吹き付けた場所から最大で周囲30メートルまで蚊を寄せ付けない効果があるという。

スプレー塗料を託されたアンゴラ屈指のアーティスト3名は、それぞれ思い思いに壁にペイントしていく。彼らが絵を描いた壁の周囲は蚊を寄せ付けなくなるので、結果としてそこを通る人たちを蚊から守ることに。これは晴れの日だけでなく、雨の日でも効果があるそうだ。

まだ始めたばかりで具体的な数字など効果は実感できていないが、これによって少しでもマラリア感染が防げることを期待したい。

■今月のAOL特集
夏フェスに集うセレブたち【フォト集】
続きを読む