ゲームの合間にキレッキレのダンスを披露する天才バットボーイが話題に【動画】



日本でも、プロ野球昇格組の活躍により、地方リーグやマイナーリーグの存在が徐々に認知されるようになっている。野球大国アメリカのマイナーリーグでは、観客動員のために様々なサービスを行うことも知られており、今、「イニングの間にバットボーイが驚異的なダンスをするチームがある」とちょっとした話題になっている。



ダグアウトの上で、マイケル・ジャクソンやアフリカ・バンダータのクラシックをバックに天才的なダンスを披露する少年。格好からもわかるように、試合中はバットボーイとして試合の進行をヘルプしているこの少年が、イニングの間に勝手にダンスをやり始めた。これが観客に大ウケで、場を盛り上げるために彼のダンスコーナーが誕生したという。

豪華なフードコートやスタンドを覆う巨大プール、さらには変則的なユニフォーム...。マイナーリーグが話題を作るために考え出す、野球を絡めた企画力には毎回脱帽させられるが、この少年のように、スタッフが手作り感覚で観客を喜ばせる試みもなかなかステキだ。

このキレッキレなダンスを紹介しているメディアはこぞって「スタジアムでプレイしている選手たちよりもスカウトが欲しがるかも?」と、その才能に惚れ込んでいる。




■今月のAOL特集
まさかのポロリセレブが大集合【フォト集】
続きを読む