日記帳からiPadへ!レニー・ゼルウィガー主演の『ブリジット・ジョーンズの日記3』、10月公開!


お酒はかなり飲み、タバコは止められず、体重はいつもオーバー気味。補正のデカパンツは欠かさず、ドジっぷりもハンパなく、自分に甘くて立ち直りがやたらと早い・・・。恋に夢中だがキャリアも大事という崖っぷちアラサ―大人女子を描き、「幸せになりたい!」と奮闘する姿が世界中の女性たちの心を掴んで一大ブームとなった『ブリジット・ジョーンズの日記』シリーズ2作から11年。あれからブリジットはどうなったのか!?その答えを知ることの出来る待望のシリーズ三作目『Bridget Jones's Baby(原題)』の邦題が『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』に決まり、10月より日本での公開が決定した。


再びブリジット・ジョーンズを演じるのはレニー・ゼルウィガー。イケメンな恋のお相手ダーシー役には前作に引き続き、アカデミー賞俳優のコリン・ファース。そして今回、新たにこれまでにない高スペックのナイスガイ、ダーシーの恋のライバル・ジャック役にドラマ「グレイズ・アナトミー」で女性ファンを増やしたパトリック・デンプシーが、さらにはアカデミー賞を受賞したエマ・トンプソンも出演する。

アラフォーになったブリジットは、なぜか未だ独身。彼女が愛した男はといえば、なんとダニエル(ヒュー・グラント)は事故で亡くなり、マーク(コリン・ファース)は別の女性と結婚してしまっていた。しかし今やテレビ局の敏腕プロデューサーとなったブリジットにハンサムでリッチ、性格もナイスなIT企業の社長、ジャック(パトリック・デンプシー)とのドラマチックな出会い(モテ期!)が訪れます。いつもの天然っぷりから彼と急接近する一方で、マークとも再会を果たすブリジット。またしても2人の男性に揺れ動くことに・・・。2人のイケメン男性どちらを選ぶのか?そして今度こそ結婚するのか?

今回解禁された場面写真では、レニ―・ゼルウィガーがiPadを抱え微笑んでいる。どうやら、今までトレードマークになっていた"日記帳"が"iPad"へと11年の時を経て進化しているようだ。




『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』は10月より公開
(C)Universal Studios.
続きを読む