松雪泰子が一人二役&橋本愛、成海璃子と母娘役に 川端康成『古都』現代版として映画化


松雪泰子主演、映画『古都』が11月26日(土)京都先行公開、12月3日(土)全国公開されることが決定した。


本作は、川端康成の長編小説『古都』の現代版。これまで多くの映像作品となってきた「古都」を、原作では描かれなかった大人になった主人公たちの物語として映像化した。


主演は、松雪泰子。京都の町で伝統の継承に生涯を捧げる呉服屋の姉・佐田千重子と京都伝統の北山杉の里で働く双子の妹・中田苗子を一人二役で演じる。一カ月間着付けや、裏千家のお茶の稽古、京言葉の稽古、京都の料理屋さんでの、稽古を重ねたという松雪は「母と娘そして、家族の想い、映像的にも京都の美しい風景やパリの街並みが美しく描かれ静かにゆっくりと、物語りが浸透していく、そんな作品です」と本作を語る。


また呉服屋の千重子の娘・佐田舞に橋本愛。松雪と同じくお茶、書道、座禅、日本舞踊と日本の文化や伝統芸能を学んだ橋本は「川端さんの原作は二度映画化されてますが、今回はその先の、今の世代に継いだ新しい物語になりました。取り留めない、さらさら流れる水のような印象で、舞ちゃんを演じている上でも、水の感覚はずっとあって、ふわふわしていました」と本作の仕上がりに期待を寄せている。


そして双子の妹・材木屋の苗子の娘で、京都と並ぶもう一つの古都フランス・パリで一人国立美術大学に通い絵画制作に励む中田結衣役に成海璃子。一週間という短い撮影期間ながら、「撮影期間は一週間という短い時間でしたが、その分グッと集中して取り組むことができました。現地のフランス人スタッフも素晴らしく、良い撮影現場だったと思います」と撮影を振り返った。

京都とパリ、古都に生きる母娘の人生が交差し果たしてどこへ向かうのか。その他、蒼れいな、蒼あんな、葉山奨之、栗塚旭、伊原剛志、奥田瑛二らが脇を固める。

監督は、Yuki Saito。高校卒業後に渡米し、ハリウッドで8年映画作りを学び、帰国後もアレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥなど名匠の現場に参加、両国の架け橋となる。その後CMや短編、連続テレビドラマなどで活躍し、満を持して本作のメガホンを取り、世界視点から、日本が誇る圧倒的な京都の美しさ、凛とした『日本の精神』を五感で体感できる新しい作品に仕上げた。本作の舞台である四季折々の京都、更に着物、茶道、書道、華道などオール京都の全面協力によって、本物の"京都"を描き切る。

『古都』は、2020年の東京オリンピックに向けて世界中から注目を浴びる日本に、私たち日本人が日本の素晴らしさを再認識させ、そして世界に向け日本文化を表現する。

映画『古都』は11月26日(土)京都先行、12月3日(土)全国公開

(C)川端康成記念會/古都プロジェクト

■今月のAOL特集
元人気子役たちの今&昔【フォト集】
続きを読む