ハーバード卒!CIAやFBIの内定を蹴って芸人になったREINAのアメリカ時代のエピソードがぶっ飛びすぎてネット衝撃


6月15日に放送された『指原カイワイズ』(フジテレビ)に、華麗すぎる経歴を持つ芸人・セクシーチョコレートのREINAが登場。輝かしいキャリアを積んだアメリカで、彼女が挑戦したという"大胆過ぎるゲーム"の話が、視聴者の間で話題となっている。


この日、番組では、ハーバード大学院を卒業し、CIAやFBIの内定を蹴った末になぜか芸人になるという、なんとも個性的な選択をした彼女の半生を紹介しつつ、ビル・クリントン元大統領と仕事をした過去や、インターポールのテロ対策部でインターンを経験するといった、常人には想像しづらい輝かしい経歴についてトーク、そのあまりにぶっ飛んだエピソードの数々に驚きの声があがった。

その後の密着VTRの中で彼女は、「空のワインボトルとかを持ってきて、友達みんな集めて円になって、中心にボトルを置いてスピンするんですよ」とアメリカ時代に経験したという、一風変わったゲームについて語り始めると、「ボトルの先がこうなった(向き合った)とするじゃないですか。この2人がクローゼットか何かに入って7分間一緒に過ごさなければならないんですよ、暗闇の中。その7分間、何をするかは自由なんですけど、全部やっちゃう人もいますよ」と説明。それを受け、「REINAはどこまでやったのか?」というスタッフの質問を受けた彼女は「(内容は)オンエアできないですって」「(オンエアできないことを)...やりました!」と、自身もまた、その暗闇の中で過激な行為をしていたことにおわす告白をしたことから、スタジオのアンタッチャブル・山崎は「...してんじゃねえかよ!」とツッコミつつ大爆笑。

こうしたREINAの明かした衝撃的すぎるゲーム内容に、ネット上の視聴者からも「なにこのエロい人www」「全部やるってどんだけwww」「王様ゲーム以上にエロいw」「なんか海外のエロサイトの動画みたいやw」「これだからアメリカはwww」「どんなエロゲだよwww」といった声が寄せられた。これまでも高学歴系の芸人や、特殊な仕事を数多く経験した末に芸人へと転身するケースは存在したが、さすがに彼女ほどのキャリアを持って芸人になるケースはレア。今後もそうした異色すぎる経歴と、それを生み出した個性が生み出す笑いに、多くの視聴者が注目しそうな気配だ。

■参照リンク
『指原カイワイズ』公式サイト(水曜24時25分からフジテレビにて放送)
www.fujitv.co.jp/kaiwaizu/
REINA ブログ
ameblo.jp/reina-sc/

■今月のAOL特集
まさかのポロリセレブが大集合【フォト集】
続きを読む