撮影中に本物の親友に!ドリュー・バリモア&トニ・コレットが女同士の深い友情を描く『マイ・ベスト・フレンド』公開決定


『チャーリーズ・エンジェル』シリーズや『ラブソングができるまで』など数々の大ヒット作で魅力的な女性を演じ続けているドリュー・バリモアと、『リトル・ミス・サンシャイン』『イン・ハー・シューズ』などで個性的な女性を力強く演じてきたトニ・コレットがW主演を果たした映画『マイ・ベスト・フレンド』が11月18日(金)より公開となる。



製作は日本でも大ヒットを記録した『おみおくりの作法』のクリストファー・サイモンが、監督は一大センセーションを巻き起こした『トワイライト~初恋~』などで知られる女性監督キャサリン・ハードウィックが務め、女性同士のあたたかく深い友情を女性監督ならではの視点で描きいた作品だ。

W主演のドリュー・バリモアとトニ・コレットは、本作品を通じて映画の世界そのままに"本物の親友"となり、2人でプロモーションを行っていた取材時には、撮影中とても大変だったシーンを思い出し、涙を流しながら抱きあってしまったのだとか。

ジェス(ドリュー・バリモア)とミリー(トニ・コレット)の2人は数十年来の大親友。幼い頃から洋服や友人関係、初めてのキスや初体験の秘密まで、人生の全てを共有してきた。大人になり、ミリーはキットというバンドマンの彼氏と結婚・出産、PR会社のキャリアウーマンとしても充実した生活を過ごし、ジェスは都市設計家の仕事を得て、ボーイフレンドのジェイゴとテムズ運河に浮かぶボートハウスに居を構える。結婚しても、子供ができても、二人の関係は変わらず、友情もあたりまえに続いていくものだと思っていた。しかしある時、ミリーに乳がんが見つかってしまう。また同じ頃、不妊治療を続けてきたジェスに待望の子供ができる。しかしミリーのことを思うと、ジェスが一番に伝えたいはずのミリーに、どうしても子供のことを伝えられない。相手を想うがゆえに言葉にできないことがふえていく2人の友情のゆくえはー。


11月18日(金)TOHOシネマズ シャンテ他にて全国ロードショー
(C)2015 S FILMS(MYA) LIMITED


■今月のAOL特集
夏フェスに集うセレブたち【フォト集】
続きを読む