ジャニーズ事務所にもコレで合格!TOKIO松岡昌宏がこだわる「願掛け」が独特すぎると話題に 「斬新www」


TOKIOの松岡昌宏が6月16日に放送された『TOKIOカケル』(フジテレビ)で、視聴者の願いを「息を止めて」願掛けをする企画を行い、ネット上で話題を集めた。


新企画「松岡昌宏があなたの願い息を止めて願掛けします」では、視聴者の自分ではどうしようもない願い事を、松岡がトンネルで息を止めて願掛けを行うというもの。TOKIOメンバーの中で一番"願掛け"にこだわりのある松岡は、昨年9月の放送で「トンネルの中は息を止めて願掛けする」と告白し、今回のコーナー化が決まった。

松岡はこの独特な願掛けで、ジャニーズ事務所に合格した実績があるそう。この日は、全長861mの「青海トンネル」と全長1969mの「臨海トンネル」で願掛けにチャレンジした。

「青梅トンネル」では、32歳女性からの「なくしてしまった結婚指輪が見つかりますように」という願いが選ばれた。松岡は「(願いの内容は)軽くはない」と責任を感じつつ、トンネルの入り口で「ハッ」と息止め。約1分に渡って息を止め、見事願掛けを成功させた。

「臨海トンネル」では、41歳女性の「宝くじを当ててハワイ旅行に行きたい」という願いが選ばれた。しかし、前回の倍以上も距離がある難所。松岡は「勝負掛けます」と気合いを入れ、「ハッ」と息を止めたが、約2分というトンネルの出口直前でギブアップしてしまった。

これを観た視聴者は、ネット上に「息止め願掛けおもしろすぎw」「斬新www」「これはムズいわ笑」「松岡くん結構スゴイww」「企画がくだらなすぎて面白い」などとコメント。なお、同コーナーでは今度も視聴者からの願掛けを募集していくという。

■参照リンク
『TOKIOカケル』公式サイト(水曜23時からフジテレビ系列にて放送)
www.fujitv.co.jp/TOKIOKAKERU/

■今月のAOL特集
世界のかわいい動物たち【フォト集】
続きを読む