東出昌大がレジェンド棋士・羽生善治役に!本人の眼鏡を譲り受け瓜二つの羽生像を作り出す 松山ケンイチ主演『聖の青春』


天才・羽生善治を追い詰めた伝説の棋士・村山聖(さとし)の29年の障害を描いた映画『聖の青春』が今秋公開される。この度、俳優・東出昌大が劇中で羽生善治を演じることがわかった。


村山聖は100年に1人と言われる天才・羽生善治と「東の羽生、西の村山」と並び称されながら、29歳にして亡くなった実在の棋士。聖を演じるのは実力派俳優・松山ケンイチだ。

そして、松山自身が本作の"ヒロイン"であると語る羽生善治を演じるのが今最も注目を浴びる東出昌大だ。劇中の"羽生メガネ"は、羽生本人が1996年に史上初となった七大タイトル戦七冠独占達成時に実際にかけていたものを、東出が羽生本人から譲り受けたもの。東出は、今なお棋界の頂点で活躍する人物という難しい役どころに対して、徹底した研究を行い、本人と瓜二つの姿で撮影現場を驚きの声に沸かせた。

松山との共演を「元々、尊敬する大先輩だったので、松山さんとのお芝居の中で過ごせた時間が自分の宝になりました」と振り返る東出。村山聖=松山ケンイチvs羽生善治=東出昌大。両者が実際の棋譜を覚えての2時間半に及ぶ長回し撮影に挑んだ緊迫感&臨場感溢れる対局シーンは本作の最大の見どころになっている。


また、追加キャストとして、リリー・フランキー、竹下景子、染谷将太、安田顕、柄本時生、北見敏之、筒井道隆という豪華俳優陣の出演が発表された。

リリー・フランキーは、10代の聖を大阪に引取り、共同生活をしながら彼を支えた師匠・森信雄役、竹下景子は母・村山トミ子役、染谷将太は、弟弟子・江川役をそれぞれ演じる。

人間の知の限界に挑戦し続けた伝説の将棋指しの人生を、師匠、ライバルほか周囲から愛された記憶と共に、愛情豊かに描き出す。

『聖の青春』は2016年秋全国公開

(C)2016「聖の青春」製作委員会

■参照リンク
『聖の青春』公式サイト
satoshi-movie.jp

■今月のAOL特集
共演がご縁でくっついたカップルたち【フォト集】
続きを読む