銃器店オーナーが発砲事故で死亡 銃の講習会で起きた悲劇に悲しみと動揺の声【動画】



米オハイオ州アメリアで18日、銃器店で行われていた銃携帯についての講習会の最中に、店のオーナーが誤って射殺された。

https://youtu.be/7sxRcX8BM-A


ニュースサイトWCPOは、受講生の一人が銃器の故障や誤作動に対処する訓練を行っていた際、発砲が起きたと報じている。オーナーのジェームズ・ベイカーさん(64)が銃弾にあたり、死亡した。

8時間の講習会は、銃の安全性についての基礎教育やオハイオ州の銃携帯規制を学ぶものだったという。

クラーモント郡保安官事務所によると、今回の講習会には約10人が参加していた。発砲したとされる受講生の身元は特定されていない。同店は多様な武器の販売に加えて銃火器と銃弾の製造、軍事目的用武器販売の許可も受けていた。

近隣住民の話では、警官が銃器の手入れのために店を訪れることもよくあったといい、ベイカーさんは地域でも評判の良い人物だった。「彼は地元を愛していて、守ろうとしていました。だからこそ講習会を開いていたんです」。



■参照リンク
http://www.aol.com/

■今月のAOL特集
セレブたちの知られざる兄弟姉妹【フォト集】
続きを読む