12人の少女と共同生活していた51歳の男が逮捕 少女の一人は実の親からの「贈り物」!?【動画】



米フィラデルフィア州の郊外で16日、警察は生後6か月から18歳までの少女12人と暮らしている51歳の男を拘束した。

https://youtu.be/OZ2o3bSNg24


リー・カプラン容疑者には、制定法上の強姦(ごうかん)罪を含む複数の嫌疑がかけられている。カプラン容疑者は、現在18歳になる少女との間に生後6か月と3歳の子供がいるが、この18歳の少女は、両親からカプラン容疑者へ"贈られた"のだという。

警察によると、少女の両親ダニエル・ストルツフスとサビヤ夫人は、カプラン容疑者に経済的問題の手助けをしてもらった見返りに、少女を引き渡した。夫妻は児童福祉法違反の罪に問われており、ダニエル容疑者には共同で違法行為をしたとされる共同謀議と、強姦罪の嫌疑もかけられている。

フィラデルフィアのニュースサイトPhilly.comでは、カプラン容疑者がダニエル容疑者を洗脳したとする地方検事の発言が伝えられているほか、夫妻は警察に対して、カプラン容疑者宅で見つかった他の9人の少女についても、自分たちの子供であると主張していることが報じられた。しかし地元メディアによれば、少女たちは出生証明書や社会保障カードを持っておらず、警察による身元確認は難航している。捜査関係者は、彼女たちをアーミッシュとみているという。

ローワーサウサンプトン公衆安全課長ロバート・フープス氏は、「少女たちは地下室で生活していて、にわとり小屋に隠れていた」と話している。

警察は以前にもカプラン容疑者宅について通報を受けたことがあるが、児童虐待にかかわるものではなかったため、そのときは家宅捜索には至らなかったという。

■参照リンク
http://www.aol.com/

■今月のAOL特集
セレブたちの知られざる兄弟姉妹【フォト集】
続きを読む