SMAP中居正広が楽屋挨拶NGのワケを告白して話題に 「ある意味プロ」


SMAPの中居正広が、6月20日に放送された『中居正広の神センス☆塩センス!! あの時どうすりゃよかったの!?』(フジテレビ系)で、本番前の楽屋挨拶をNGにしていることを告白。ネット上で話題を集めた。


番組では、芸能人たちが対応に悩んだという実際のトラブルを告白。再現VTRを見ながら、その時の対応が「塩対応」「神対応」のどちらだったのかを司会の中居と議論していった。

この中で、おかずクラブ・ゆいPは、有吉弘行から「もう楽屋挨拶来なくていい」と言われたが本当に行かなくていいのか悩んでいることを明かした。これに、中居は、有吉の発言は「本当だと思う」と推測し、楽屋NGを出すのは「悪意はない」「嫌いとかじゃない」と代弁。その上で、自分も楽屋挨拶をNGにしていることを明かした。

中居は、楽屋挨拶をNGにする理由について「控え室に入るとひとつのスイッチが入ってるから『このままこのスイッチで行きたいな』と思うから」と説明。「結構(楽屋に)入ってくるでしょ。『あー!宜しく』って」「すっげえ面倒くさいから、来ないでくれる?」と改めて楽屋挨拶にNGを出した。

しかし、鈴木は「(挨拶に)行きたい!行きたい!行きたい!」と、中居の楽屋への挨拶を熱望していた。

これを観た視聴者は、ネット上に「(中居は)どの現場でも同じスタンスだもんね」「ある意味プロ」「プロって感じ」「人見知りだしねー」「せっかく作っている空気を壊されたくないのね」「共演者への中居くんの優しさ」などのコメントを寄せていた。

■参照リンク
『中居正広の神センス☆塩センス!』公式サイト(フジテレビ)
www.fujitv.co.jp/b_hp/kamisenseshiosense/

■今月のAOL特集
セレブたちの知られざる兄弟姉妹【フォト集】
続きを読む