ノルウェーNGO団体が作った「アルコールの危険性を訴えるCM」が意味不明すぎるwww【動画】



アルコールの危険性を超シュールな映像で訴えるキャンペーンCMが話題だ。

https://www.youtube.com/watch?v=FPeetFWRVxo


頻繁なアルコール摂取は、車の運転はもちろん、妊娠中や子どもと一緒にいるとき、繊細な作業を要するときなど、日常生活に及ぼす悪影響が少なくない。しかし、ノルウェーのNGO団体<AV-OG-TIL>は、なぜか"ボートに乗っているとき"に限定した2つのCMで、飲酒のデメリットをPRしている。

牽引車に繋いだボートの上でダラダラと過ごす、ぽっちゃり体系のダンディな男性。どうやらこのCMの主人公のようだが、その様子を海上のボートから眺めていたおじさん2人は、あまりのグータラぶりに呆れている様子だ。

しかしこのダンディ、そのユルんだ見た目とは裏腹に、まず風向きを読むと、ロープさばきだけで帆を張り、ボートを載せたトレーラーをスロープへと移動させ、そのまま見事に海上へと進水してみせた。しかも、トレーラーが牽引車に戻る仕掛けも用意してある徹底ぶりである。

エビを食べながらビールを飲んでいた先ほどのおじさんたちも、その手さばきには感心した様子。ビールを振る舞おうとボートから身を乗り出し、ダンディも喜んで受け取る......かと思いきや、なぜかおじさんが着ていた救命胴衣の端っこに、ビールが注がれたジョッキを"ズボッ!"っと突っ込み、そのまま通り過ぎてしまった。

ダンディの予想外の行動に、ポカーンと呆気に取られた表情で硬直してしまったおじさんたち。そして、ビールに反応した救命胴衣が"スパーン!"と膨らむ音だけが、海上に虚しく鳴り響いた......。

ここで、クールなギターサウンドと共に「ボートを出すことは、ひとつの芸術スタイルだ。素面で行うのがベスト。クリアな頭で、スムーズな航海を」というメッセージが表示される。

https://www.youtube.com/watch?v=9qHdPhkSSNQ


今度はボートに乗って登場したぽっちゃりダンディ。すると、ボートの上でお酒を楽しみながら優雅な午後を楽しんでいたセレブなファミリーは、グータラなダンディを指差し、珍獣でも見つけたかのように失笑する。しかしダンディは、ぽっこりお腹に日焼け止めを塗り塗り、我関せずといった様子だ。

その後、港付近でファミリーが乗っている高級ボートにトラブルが起きたようで、ピーピーと警報音が鳴り響く。かたやダンディは、パニック状態に陥るファミリーを横目に、超アナログな手作り風の係留システムをスタンバイ。ボートの先端に立ち、音楽に合わせてクネクネと踊りながら 超スムーズにボートを停めて、ガッツポーズと共に海を去っていった。

ここで表示されるのは「ドックに入れることは、ひとつの芸術スタイルだ。素面で行うのがベスト。クリアな頭で、スムーズな航海を」というメッセージだ。

どちらの映像も、「飲酒を控えたほうが芸術的、かつスマートに振る舞うことができるぜ!」という想いが込められているのだろう。説教くさくなく、かつ斬新な視点でアルコールの危険性を訴えるCMは、

「天才的なCMだ!」
「なんてクールなキャンペーンなんだ!」
「次にボートに乗るときに実践しよう!」
「音楽もいいね!」
「素面の男が酔っ払ってるように見えるw」

と、ネット上でもかなり好評のようだ。

■今月のAOL特集
元人気子役たちの今&昔【フォト集】
続きを読む