『貞子vs伽椰子』山本美月&玉城ティナに直撃!「貞子と伽椰子が戦うってどういうこと!?って思いました(笑)」


あの『リング』シリーズの貞子、『呪怨』シリーズの伽椰子という邦画ホラー史を代表する人気キャラクターが大激突することで話題の『貞子vs伽椰子』! 旧シリーズファンも大満足しているという注目作について、主演の山本美月&玉城ティナにインタビューをした。


――今回、あの『リング』シリーズの貞子と『呪怨』シリーズの伽椰子が戦うわけですが、まず出演を聞いて何を思いましたか?
 
山本:(違う作品のキャラクターである)貞子と伽椰子が順位を争うことがまずないと思うので、それってどういうことだろうって。多分皆さんが最初に受けた印象と同じように「ふたりが戦うってどういうこと?」ってわたしも思いましたが、両方の作品に出演できることがうれしかったです。『リング』と『呪怨』両方の作品に出られる人も、なかなかいないと思うので(笑)。

――そもそもホラーは、得意か苦手で言うと???
 
玉城:わたしはホラーが苦手で、全然観たことがなかったので、(今回の出演にあたって)勉強として何本か観ました。

山本:わたしは怖がりながらも観るほうで、苦手ではないですね。

――それまでの貞子と伽椰子のイメージは???
 
山本:日本のホラー界を代表するキャラクターですよね。(本作にも登場する『呪怨』シリーズの)俊雄君伽椰子に負けないくらい有名なイメージです。

玉城:ホラーが苦手な自分でも貞子と伽椰子は知ってました。怖くて正視できなかったです。


――本格的なホラー演技は、トライしてみていかがでしたか?
 
玉城:おびえている時の表情や声のバリエーションを自分でも考えていましたが、監督のアドバイスで表現の強弱も意識して演じました。

山本:ホラーならではの見せ方というのがあって。例えば手に髪の毛がついた時、普通にふりはらうのではなくて、一回髪の毛を見てからふりはらうとか、自分が知らないホラーの基本みたいなことが勉強になりました。

玉城:撮影現場で学ぶことが多かったですね。

――皆さんよく言うことは、やりすぎてもダメだそうですね???
 
山本:あからさまに全部を怖がっていても、それはちょっと違うかなとは思いました。貞子がだんだん近づいてきて呼吸が早くなるシーンとかも、そういうことは意識していました。


――その絶叫&恐怖演技、あえて言うと、どこがポイントでしょうか???
 
山本:ラストはもちろんですが、親友との関係性も注目です。貞子が現れる瞬間などは怖いだけではなく、親友の夏美(佐津川愛美)を守りたい気持ちで恐怖に負けられない重いシーンなので、そこは意識をしてお芝居をしました。凄くリアルで見逃せないです。

玉城:鈴花が引っ越してきてから、どんどん心境が変わって怨霊に立ち向かうまで強くなっていくんです。ぜひご注目ください!

――今日はありがとうございました! 映画『貞子vs伽椰子』、ホラーが苦手な人にあえてすすめるとしたら???
 
山本:いままでの貞子、伽椰子はお互いに人間性が出ていて、しっとり恐ろしいという感じだったと思いますが、今回のふたりはお化けとして観客を驚かす要因として登場するので、アトラクション的に楽しめると思います。大勢でキャッキャ言いながら観ると、ホラー初心者も楽しめると思いますよ。

玉城:ホラー映画ではあるのですが、怖いだけではなく色んな楽しみ方の出来ると思います。今までホラー映画を見たことのない方にも是非観てほしいです。


映画『貞子vs伽椰子』は、全国大ヒット上映中!

・山本美月さん
【スタイリスト】津野真吾 【ヘアメイク】篤史(PEACE MONKEY)

・玉城ティナさん
【スタイリスト】知念美加子 【ヘアメイク】村木アケミ



■参照リンク
『貞子vs伽椰子』公式サイト
http://sadakovskayako.jp/


■今月のAOL特集
夏フェスに集うセレブたち【フォト集】
続きを読む