レオナルド・ディカプリオが付き合う女性は「常に25歳以下」だったことが発覚!【動画】



レオナルド・ディカプリオが付き合う女性は"常に25歳以下"という事実が明らかになった。

https://www.youtube.com/watch?v=LlMwjUlKXMU


米<ニューヨーク・ポスト>が、"ディカプリオは歳を重ねても、彼の恋人は歳を取ることがない"という事実を紹介している。どうやら、彼が過去20年の間に交際してきた女性は、すべて25歳以下の女性(しかもモデル)ばかりなのだ。

まずは1996~1998年。当時22歳だったディカプリオは、モデルのクリステン・ザング(22)との交際が話題に。『ロミオ+ジュリエット』『タイタニック』の大ヒットで、人気No1若手俳優と言われていたイケイケの時期だ。

2000~2005年、26歳のときにはスーパーモデルのジゼル・ブンチェン(22)と、2006~2011年には32歳でイスラエル出身のモデル、バー・ラファエリ(20)と交際。自身は歳を重ねても常に20代前半の女性、しかもモデルとばかり交際しているが、俳優業のほうでは『アビエイター』『J・エドガー』など、大御所監督作に出演し演技の幅を広げている。

2011年、36歳のときにはドラマ『ゴシップガール』のセリーナ役で人気スターとなった女優、ブレイク・ライブリー(22)との熱愛が噂になるが、翌2012年には<ヴィクトリアズ・シークレット>の人気モデルだったエリン・ヘザートン(22)と間髪入れずに交際。さらに2013~2014年、38歳で再び<ヴィクシー>モデルのトニ・ガーン(20)と年の差交際をスタートし話題を呼ぶとともに、相変わらずのモデル好きをアピールした。

2015年公開の映画『レヴェナント: 蘇えりし者』で念願のアカデミー主演男優賞をゲットしたディカプリオは2016年、41歳にして<スポーツ・イラストレイテッド>誌の水着モデル、ケリー・ロールバッハ(25)との交際が発覚。しかし、彼女とはすでに破局済みで、現在はポーランド人モデルのエラ・カワレック(年齢など詳細なプロフィールは不明)とデートを重ねているとのことで、老いて(?)ますます盛んなレオ様であった。



ともあれ、本当に25歳以下の女性としか交際していないとは、さすがレオ様である。渋い魅力に磨きをかける独身貴族のレオ様に"歳の差"という壁は存在しないのかもしれないが、いつまでも若いモデル女子と遊んでばかりいると、そろそろ本気で"キモいおっさん"扱いされてしまうのでは......?

■今月のAOL特集
ハリウッドにみる年の差カップル【フォト集】
続きを読む