『X-MEN:アポカリプス』日本版予告にデッドプール降臨で本国ヒーローファンから歓喜の声 「最高すぎるwww」



先日YouTubeに公開された「デッドプール」をフィーチャリングした『X-MEN:アポカリプス』(8月11日公開)の日本オリジナル版の予告映像が、アメリカ本国で「最高すぎるwww」と話題になっている。

https://youtu.be/k52z71ty28E


内容は、ヒーロー界の高田純次こと無責任ヒーロー「デッドプール」が、『X-MEN:アポカリプス』のトリビアを紹介するというローカルの予告映像にしてはシャレが効いた内容。

X-MEN入りを断り続けているデッドプールがこのシリーズを紹介する時点で十分おかしな話だが、映画紹介も「目覚めの悪いアポカリプスにプロフェッサーXがボコられるという内容」と、これでいいのか?というくらいざっくりした説明。その後は、自身の出演などデマを吹聴しまくり、予告映像というより完全なツリ映像に、自身の『デッドプール』の宣伝とやりたい放題の内容だ。

この映像が6月24日に公開されるや速攻で本国アメリカのヒーロファンも反応。メディアもこのデタラメなデッドプールの『X-MEN:アポカリプス』に大ウケ。「なんでデッドプールが出てくるの?」という意見もあるが、これについても日本の上映スケジュールのディレイや『X-MEN:アポカリプス』の公開時期など独特な事情がうんだナイスな企画、とポジティブな意見も多い。

■今月のAOL特集
まさかのポロリセレブが大集合【フォト集】
続きを読む