新ドラ『OLキャバ嬢』でのトーク術のノウハウが「使える」と話題に  「ビジネス本みたいな面白さ」


倉持明日香主演の深夜ドラマ『OLですが、キャバ嬢はじめました』(MBS・TBS系列)第2話に登場したキャバ嬢&スタッフによるトークテクニックに関するノウハウが「使える」と視聴者の間で話題になっている。


ビジュアル面に配慮して客前に出たことで、ようやくキャバ嬢らしい雰囲気を醸し出せるようになった主人公・菜奈子(倉持)だが、彼女にとっての新しい課題は「会話」であった。当初は客の好みを把握して話題を合わせることに活路を見出した菜奈子だったが、野球好きの客に野球の話をした別の嬢が「昨日の試合負けてイライラしてるんだよ!俺は!」と立腹されたのを受け思わず絶句。

その際に、男性スタッフから「野球、政治、宗教などの話はしない方がいいですよ。アツくなってしまう方が多いので、トラブルになったりします」というアドバイスを、また先輩キャバ嬢からは「相手のことをちゃんと知ろうとしないと駄目。上手く話すテクニックとかより、その相手がどんな人なんだろう?何を考えてるんだろう?ってちゃんと考えれば自然と会話も見つかる」「(人は見かけによらないので)ちゃんと話してみないとわからないこともある」「私のファンだと思って接客する」「一回お店に来ただけの客も覚えていると喜んでくれる」「キャバ嬢にとってお客様のデータ管理は命といっても過言ではない。ノートにお客様の名前や話を細かくメモする」といった彼女たちならではのトーク術をアドバイスされ、学習していった。

こうしたトーク術指南に、ネット上の視聴者からは「これは勉強になるwwww」「めっちゃ使えるノウハウですやんwww」「ガチすぎるアドバイスwww」「キャバ嬢みたいにデータ管理とかしてたら間違いないな」「接客業の人のノウハウはかなり使えると思う」「ドラマなのにビジネス本みたいな面白さがあるなw」といった声が寄せられた。たしかにキャバ嬢でなくとも、人を不快にさせずに歓心を得るトークというのは、実に難しいもの。そうしたテクニックを巧みに操る魅力的なキャバ嬢たちの姿はもとより、こうしたノウハウ要素にも、今後は視聴者からの注目が集まりそうだ。

■参照リンク
『OLですが、キャバ嬢はじめました』(MBS・TBS)公式サイト
www.mbs.jp/ol-cab/

■今月のAOL特集
夏フェスに集うセレブたち【フォト集】
続きを読む