『テレ東音楽祭』globe×神田沙也加のスペシャルコラボに感動の声続出 「遜色なかった」「グッときた」


6月29日に放送された『テレ東音楽祭2016』(テレビ東京)で、歌手の神田沙也加と、90年代を席巻したユニット・globeのコラボレーションが実現し、視聴者の間で話題になっている。


globe(小室哲哉&Marc Panther)×神田沙也加(TRUSTRICK)として実現したこの豪華コラボレーションは、現在、病気療養中のglobe・KEIKOの代わりに神田をボーカリストとして迎えた一夜限りのもの。この日、彼らが披露したパフォーマンスは、1996年に発売されたglobe6枚目のシングル「Is this love」だ。

globeの楽曲といえばKEIKOのハイトーンボイスが特徴のひとつでもあり、完璧に歌いこなすには、相当の歌唱力が必要とされる。そんな難曲ともいえる本楽曲を、神田は、小室のピアノ演奏が響く中、美しい高音を響かせながら、見事なボーカルでしっとりと歌い上げ会場を感動で包み込んだ。

このパフォーマンスに対し、ネット上の視聴者からも、「神田沙也加さん最高でした!」「globe、神田沙也加が歌ったけど上手すぎだぞ」「遜色なかった」「なんだかグッときてしまった」「さすが歌うまかったな。ききほれてしまった」「感動」「違和感ないなぁ」「ヤバイ、泣ける」「いやー素晴らしかったよー!!」「なんだか涙が出ました!」といった感動や絶賛の声が寄せられた。

テレビ東京にて

Tetsuya Komuroさん(@tk19581127)が投稿した写真 -






■参照リンク
『テレ東音楽祭』公式サイト(テレビ東京)
www.tv-tokyo.co.jp/ongakusai_2016/
小室哲哉 Instagram
https://www.instagram.com/tk19581127/

■今月のAOL特集
夏フェスに集うセレブたち【フォト集】
続きを読む