「ヤックン、すげえ!」 薬丸裕英が28年ぶりに「シブがき隊」の大ヒット曲を披露!キレッキレのダンスがネット上で話題に 「現役感すごい」


6月29日夜に放送された『テレ東音楽祭2016』(テレビ東京)に薬丸裕英が出演し、かつて自身が所属していたアイドルグループ「シブがき隊」の大ヒット曲「100%・・・SOかもね!」をダンス付きで熱唱し、ネット上で大きな話題となった。


薬丸裕英と言えば、かつてジャニーズ事務所に所属し、布川敏和、本木雅弘とともにアイドルグループ「シブがき隊」に所属、センターを務めていた。その後グループは解散し、現在は他事務所に移り司会業やコメンテーターを務めている。そんな薬丸が今回満を持して歌番組に歌手として登場、解散から28年ぶりとなるかつての名曲を披露した。

今回薬丸と共に歌うのは、V6の井ノ原快彦とTOKIOの国分太一。井ノ原は「こんな真剣に振付やったの久々ですよ(笑)」とこの日のために練習を重ねたようで、大先輩と共にパフォーマンスをすることに緊張した様子。また薬丸は今回のオファーを少年隊の東山に相談したようで、「ヤックンやらないんだったら俺やるよ」と言われたことを明かした。

司会も務める国分も「このまましゃべって終わりたい・・・(笑)」と不安を漏らすが、いざ本番になると、3人は振付を完全マスターし、足を高く上げたジャンプや綺麗に揃ったキレッキレのダンスを見せつけ、「100%・・・SOかもね!」を大熱唱。またその様子を見ていたジャニーズ事務所のメンバーたちも大興奮で見守り、一切失敗することなく最高のステージを見せつけた3人。

終わった後は、ガッツポーズを見せ3人で抱き合うなど微笑ましい様子を見せ、その興奮からか思わず最後には国分が「来年『スシ食いねェ! 』やります!」と、シブがき隊の大ヒット曲と共に次回の可能性を高らかに宣言して終了した。

このステージにファンからは「最高すぎる!!!」「母と一緒に盛り上がった」「ヤックン、ダンスすごい!!」「ヤックン、すげえ!」「やっくんやっぱり一番キレがいい」「すごい、シブがき隊再結成」「踊りすごいよね?」「現役感すごい」など多くの声が挙がっている。

■参照リンク
薬丸裕英 公式サイト
http://www.north-pro.com/yakumaru/index.html

■今月のAOL特集
セクシーすぎる水着美女が大集合【フォト集】
続きを読む