ジャニーズ好きで家庭円満! 「ジャニヲタ家族」という生き方


【連載:ジャニヲタに訊け!】第7回 ジャニーズで家庭円満!〝ジャニヲタ家族〟という生き方



お母さんも、ジャニーズが大好きです!」――。

ジャニヲタさん(ジャニーズファン)に訊いたところ、およそ4割もの方が「ママもジャニヲタです!」と回答しました。
そればかりか、「弟もジャニ大好き!」「夫婦で応援中!!」「パパもハマりました!!!」などなど、ジャニーズにメロメロな〝ジャニヲタ家族〟は意外と多い模様。
ジャニーズが円満な家庭生活の潤滑油となるって、すばらしいことだと思います。

ところで、〝家族〟は、いかにしてジャニヲタになるのか?
家族ヲタ誕生の瞬間を探ってみました。

●子育てが落ち着いたとき、そこに〝嵐〟がいた

「私(40代、加藤シゲアキくん担当)と娘(高校生、手越祐也くん担当)は、NEWSをメインにジャニーズを広く応援しています。実は私は若いころは全くジャニーズに興味がなく、娘を産み仕事と育児の両立でテレビを観る余裕もなく過ごした数年ののち、娘が小学校入学、テレビをつけたらそこに嵐がいました」

「そこに嵐がいました」。この一文がすべてを語っています。嵐がいちゃあ、ジャニーズに惚れるのは必然。嵐やNEWSは、子育てに奔走されたお母様を包むために使わされた、天使たちかもしれません。

●娘の引率のハズが、中島健人くんに落ちた!

「娘が中島健人くんのファンで2人でコンサートに行き、なんと母親(自分)が落ちてしまいました......。娘は同じ人を好きになるのは嫌らしく、今は重岡大毅くんを応援中。Sexy ZoneやジャニーズWESTのライブは、娘と観に行きます。ちなみに、息子は健人くんと同い年(笑)。今、生活はジャニーズ中心で充実です!」

●弟の名前は、〝拓哉〟!!

「わが家は母・私・弟がジャニヲタです(妹は一時期だけでした)。木村拓哉さんから自分の息子に〝拓哉〟と付けた母と私の影響で、弟は小学生からジャニヲタです。母と行くグループ、弟と行くグループは別ですが、居間のテレビでは自動的にジャニの出演番組が見られてケンカになりません(笑)」

愛する息子に、愛するジャニの名を! ジャニヲタさんなら、思い浮かべずにはいられない優しい企みです。しかも、息子さんも立派なヲタに! 「やったった!」とほくそ笑むお母様の姿が見えるよう。

●英才教育で、娘をジャニヲタに!

「娘を妊娠中、ジャニーズJr.コンサートに行き、誕生後は英才教育(?)で立派なジャニヲタになりました!今、18歳の娘は5歳からずっとHey! Say! JUMPの薮宏太くん担です。今では私がJr.の年齢やら名前を教えてもらっています。ただ、同じように育てた妹はジャニヲタではないので、やはり個々によるようです」

ジャニーズ英才教育を施された娘さんのご成長ぶりは、してやったり!というところでしょうか。妹さんも、じきに〝覚醒〟するかもしれませんね。

●78歳の祖母も、叔母もジャニヲタです!

「母は丸山隆平さん担、父は村上信五さん担で、家族でジャニヲタしてます! 私は生まれたときからSMAPを聴かされていて、いまだに叔母や祖母(78歳)と毎回ライブに行っています。母方の家系は全員ジャニヲタor元ヲタです(笑) 父はライブには行かないんですが、村上さんの舞台はよく観に行き、3列目だったときは母娘より父が〝オレ、絶対目が合った!!!〟ってひとりでキャッキャしてました」

なんという華麗なるジャニヲタの血統。ご家族のみならずご親族がヲタという、うらやましい系図に震えます。乙女のようなお父様も、愛さずにはいられません。

●関ジャニで胎教中!

「夫婦でエイト担当。秋に生まれる赤ちゃんも、ヲタにしたいと思っています。将来家族でライブ参戦したいので、胎教にツアコンDVDを活用してます!」

ご夫婦で関ジャニ を応援し、楽しくマタニティライフを満喫されているヲタさんも。優しいパパとママの〝胎教〟で、明るく元気な赤ちゃんになりそう。

●パパがヤキモチ! 嵐はいいけどキスマイはダメ!?

「最初に娘が好きになったのにつられ、私もキスマイファンに。でも主人がすごくヤキモチを妬いて、嵐はいいけどキスマイはダメだ!と怒っていましたがその後諦め、今、息子と主人を含め、わが家4人熱烈A.B.C-Z担です! 主人は五関晃一さんのダンス教室を見て、必死に新曲を覚えてます。うれしー!」

「嵐はいいけどキスマイはダメだ!」というお父様のお気持ちは、なんとなくわかります。おだやかで可愛い嵐にくらべ、ワイルドでセクシーなキスマイは奥様やお嬢様をかっさらいに来る危険な男に見えたのかもしれません。今ではすっかりパパヲタさんになられたとのこと、ほほえましくいとしいですね。

●夫がわが家に〝えび〟を持ち込みました

「夫婦でジャニヲタです。もともと私は堂本光一さんのファンでしたが、夫がわが家に〝えび〟(A.B.C-Z)を持ち込みました。夫はテレビを観て、〝えびはジャニーズでワンカメでアクロバットをしてスゴいんだよ!〟と興奮していました(笑)」

男性は、身体能力の高い同性を自然と認めるもの。A.B.C-Zのガチなアクロバットに魅せられたご主人は、きっと素直で素敵な方なのでしょう。

●まさか、いとこもヲタでした!

「従姉がジャニヲタでキスマイの藤ヶ谷太輔さん担です(私は横尾渉さん担)。あまり連絡を取ったりしていなかったのですが、一昨年のキスマイコンで偶然会って発覚しました! 従姉のおかげで去年のキスマイコンに入ることができました」

いとこって、その家庭によって距離感がまちまちですが、コンサートでばったり会って親密になる......ということもあるのですね。一族の絆まで深めてくれるジャニーズです。

ジャニヲタは、ひとり見つけたら30人いると思え」と言われますが、家族だって例外ではありません。「あそこの家のお嬢さんはジャニヲタ」だとしたら、なにげにそこん家のパパもママも、ヲタだったりするのです。

実はあなたも、ジャニヲタさんじゃないですか......?

【ジャニヲタに訊け!】アンケート

「親子や姉妹でジャニヲタ♡」という方はおられますか?

●母もジャニヲタです!...37%
●娘もジャニヲタです!...34%
●姉妹もジャニヲタです!...20%
●男性陣(父、息子、兄弟)もジャニヲタです!...9%

(2016年6月30日~7月1日Twitter調査。回答数1022)

文/みきーる
ジャニヲタ・エバンジェリスト。女子マインド学研究家。応援歴20年超のジャニーズファン。女心を知って楽しく生きるためのライフハック"女子マインド学"を提唱。著書に『ジャニヲタあるある』(アスペクト)『ひみつのジャニヲタ』(青春出版社)他。 ●Twitterアカウント:@mikiru ●公式ブログ:『俯瞰! ジャニヲタ百景

■今月のAOL特集
セレブたちの知られざる兄弟姉妹【フォト集】
続きを読む