『スカッとジャパン』中村静香の演じたイタすぎる女子大生役が個性的すぎると話題に 「突き抜け感ハンパない」


7月4日に放送された『痛快TV スカッとジャパンSP』(フジテレビ)にタレントの中村静香が登場。番組中で悲劇のヒロインのふりをする、なんとも痛いタイプの女子大生を好演し、視聴者の間で話題となっている。


この日、視聴者投稿再現VTR【悲劇のヒロインぶる女】に登場した中村は、別にそうした要素があるわけではないにもかかわらず、ただ人から構ってもらいたいがために、悲劇のヒロインを気取り、自意識過剰な言動を披露しまくるという、なんとも痛いタイプの女子大生・りなっしー役を演じた。彼女は、「新しい彼女ができればストーカーやめると思うし」と、ストーカー化したと勝手に決め付けている元カレを女友達と無理やりくっつけようとしたり、自分の無茶振りを受け入れてくれない友人に「私がかわいいせいで友達が消えていく!」とオーバーに嘆くなど、絶えず周囲の関心を引こうと躍起になるという、なんとも困った言動を連発。さらには、友人の誹謗中傷をしてまで別の友人からの関心を集めようとするなど、明らかに一線を越えるその迷惑な言動で、絶えず周囲を振り回すことに。もっとも、最後にはそうした言動が祟る形で、本当の悲劇が彼女を見舞うこととなり、思わぬ展開を迎えることとなった。

こうした中村の演じるあまりに個性的すぎるヒロインぶりに、ネット上の視聴者からは「これはいい迷惑wwww」「でもなんでここまでウザいのにかわいいんだろうwww」「静香ちゃんかわいいw」「謎のメンヘラ感www」「かまってちゃんwww」といった声が相次いだ。

VTR明けのスタジオでは、同番組においてすっかりその"ウザかわいい"キャラが定着しつつある彼女に、タレントの柳原可奈子からは「1周回ってちょっとカワイイ子に見えてきましたね」という声が、MCの内村からも「突き抜け感がハンパなかった。サイコホラーみたいな」といった声が飛び出したが、いずれにしかりその個性的なキャラで注目を集める彼女だけに、今後もその出演に注目が集まりそうだ。



■参照リンク
『痛快TVスカッとジャパン』公式サイト(月曜夜7時57分からフジテレビ系列にて放送)
www.fujitv.co.jp/sukattojapan/
中村静香 ブログ
ameblo.jp/shizuka-nakamura/

■今月のAOL特集
まさかのポロリセレブが大集合【フォト集】
続きを読む