超逸材美少女・武田玲奈が『仮面ライダーアマゾンズ』でヒロインを好演! 「新しいことへの挑戦でわくわくしました」


仮面ライダーアマゾンズ」で水澤美月役を好演する、武田玲奈に直撃取材!映画『暗殺教室』(15)で女優業に本格デビュー後、雑誌「non-no」で専属モデルを務めるなど、オールジャンルで活躍中の彼女が、「仮面ライダーアマゾンズ」で新たな挑戦へ! それでも臆することなく、「わくわくしましたね」と語る武田玲奈に、いろいろな話題を聞いてみた!


――今回の「仮面ライダーアマゾンズ」の出演が決まった時、いかがでしたか?

こういうシリーズのヒロインを演じることへのあこがれが強かったので、自分が出ることが決まった時、素直にうれしかったです。不安はありましたが、台本に目を通すと新しい仮面ライダー、アマゾンの世界が広がっていて。ドラマ性が強くて人間味があるシリアスなストーリーでびっくりしましたが、新しいことへの挑戦でわくわくしましたね。

――水澤美月というキャラクターは、どういう女の子として理解して演じましたか?

美月は殻に閉じこもっている子なので、本当に悠(藤田富)しかいないんですよね。何をするにしても悠が一番という女の子なので、悠あっての美月と理解して演じました。だから、「はるか!」というセリフがすごく多くて(笑)。ほぼ毎エピソードにありましたが、その短い一言の中での想いが大きいので、3文字での感情表現は難しかったですね。

――「仮面ライダーアマゾンズ」の世界観ですが、どういうところに魅力を感じますか?

今回の「仮面ライダーアマゾンズ」に出演するにあたって、久しぶりに昔の作品なども観ましたが、戦闘シーンとかは本当にカッコよくて。今でもカッコいいと思いました。ヒーローは皆、改めてとてもカッコよくて、小さい頃に観ていた印象のまま、今でもとてもカッコいい存在だなって思いました。


――女優としての活動も広がっていると思いますが、今回の経験を踏まえて思うことは?

完成した「仮面ライダーアマゾンズ」の映像を観ると、改めて反省することが多くてシンプルに鑑賞して楽しめなかったです。撮影当時、本気で頑張ってお芝居をして感情を出したはずなのに、映像には出切っていないとか多々あるほうで――。もともと熱量が低いほうのタイプなので、それが伝わるように今後も頑張りたいです(笑)。

――今日はありがとうございました! 最後に一言メッセージをお願いいたします。

子どもの頃に観ていた仮面ライダーですが、この「仮面ライダーアマゾンズ」は、大人になった皆さんでも楽しめる内容になっています。ドラマ性も深くて、先が気になる展開で、一気に最後まで観たくなってしまうはずです(笑)。シリアスなテーマももちろんですが、子どもの頃にわくわくした気持ちとともに純粋に楽しみながら観てほしいです。


©2016「仮面ライダーアマゾンズ」製作委員会 ©石森プロ・東映
BS朝日(7/3スタート)毎週日曜 25:00~25:30
MX(7/6スタート)毎週水曜 22:30~23:00



■ 「仮面ライダーアマゾンズ」公式サイト
superhero-year.com/amazons/

■今月のAOL特集
セレブたちの知られざる兄弟姉妹【フォト集】
続きを読む