谷山浩子、栗コーダーカルテットとのコラボアルバム『ひろコーダー☆栗コーダー』で自身の名曲をカバー!


2017年にデビュー45周年を迎える谷山浩子が、アーティストコラボ企画第2弾として栗コーダーカルテットとの共作アルバム『ひろコーダー☆栗コーダー』を9月14日(水)にリリースする。


栗コーダーカルテットはリコーダーやウクレレ、ピアニカなど身近な楽器を使って演奏する脱力系バンド。「ピタゴラスイッチ」(NHK Eテレ)のオープニングテーマや、"やる気のないダース・ベイダーのテーマ"として有名な『スター・ウォーズ「帝国のマーチ」』のカバーなど、独特な笛サウンドが魅力のアーティストだ。

10年来の付き合いだという谷山と栗コーダーカルテットは今回、過去にコンサートでも披露した"ゆるメルヘンワールド"をアルバム『ひろコーダー☆栗コーダー』として音源化。「NHKみんなのうた」に書き下ろした「しっぽのきもち」「恋するニワトリ」「そっくりハウス」に加え、2015年に岩男潤子に提供した「ピヨの恩返し」など全8曲が"ひろコーダーカルテット"バージョンで初収録される。

また、アルバムジャケットのイラストを、シリーズ累計80万部のベストセラーコミック「となりの801ちゃん」の作家、小島アジコが担当している。

【関連リンク】
・谷山浩子 オフィシャルホームページ
http://www.taniyamahiroko.com
続きを読む