『任侠野郎』でパンツ見せちゃうNGT48北原里英を直撃!「どこまで見せるか、角度が難しかったです(笑)」


漫画家の蛭子能収が本格&王道の任侠映画に主演した『任侠野郎』が絶好調だ。日頃ヘラヘラしている蛭子さんが真面目に極道している姿も話題だが、本作で佐藤二朗演じるヤクザの愛人役・北原里英(NGT48)の熱演も見逃せない! 「どこまで見せましょうとか、けっこう角度が難しかったです(笑)」とパンツまで披露している北原里英にインタビュー!


――映画『任侠野郎』、意外にも(?)本格&王道の任侠映画になっていましたね!

最初にお話をいただいた時は福田(雄一)さんが脚本を書いて蛭子さんが主演の作品で、任侠モノとは聞いていなかったんです。だから100パーセント、コメディーだと思っていて。わたし自身も得意なほうだと自分で思っていたので、頑張りたいと思いました。

――ナンデモ、高倉健さんの往年の作品をイメージしているという情報も(笑)。

そうですね(笑)。映画をご覧になるとわかると思いますが、わたしのシーンはコミカルな瞬間が多いけれど、意外と王道の任侠モノなんですよね。だから撮影前は、どういう作品になるのかなって、わくわくのほうが大きかったです。


――予告編も話題になりましたが、パンツが見えちゃうシーンが刺激的でした!

どこまで見せましょうとか、けっこう角度が難しかったです(笑)。だから、実は撮り直しが多くて、撮影は大変でした。でも佐藤二朗さんがすごく緻密な方で、佐藤さんのリードでセクシーな場面が決まっていって。アドリブをされているイメージだったので、びっくりしました。

――女優業についてですが、難しいと感じることはありますか???

芸能活動全般に当てはまりますが、正解がないことですね。これをやれば必ずうまくいく、成功するということが決まっていないので、どうやって正解に近づくか、多くの人に共感して頂くかは手探りなんです。

――甘くはないですよね。その日々のなかで、大事にしている言葉はありますか?

座右の銘はあるんですが、それとは別に最近すごく大事だと実感する言葉は「一期一会」という言葉です。今回の映画でも、スタッフさん、共演者の方々とご一緒したことは、何かの縁だと思いますので。


――AKB48はチーム活動ですが、基本的に一期一会の繰り返しですよね。

そうなんです。この仕事は一度終わると、もう二度と出会うことがない人も多いじゃないですか。でもご縁がある人とは、またどこかで出会ったり、もう一回仕事をしたりするので、それは面白いなと思います。蛭子さんともまた、こうしてご一緒して。

――それが今回は、任侠映画ですからね(笑)!

まさか、お芝居で一緒になるとは思わなかったです(笑)。本当にカッコよくて、意外に映画のこととかすごく詳しくて、新たな一面を知れたし、皆さんも知ることができると思います。でもきっと、次回どこかで会っても、わたしのこと覚えていないと思いますけど(笑)。


映画『任侠野郎』は、全国順次公開中!



■参照リンク
映画『任侠野郎』公式サイト
ninkyo-yaro.com

■今月のAOL特集
元人気子役たちの今&昔【フォト集】
続きを読む