『笑ってコラえて』ついに「ダーツの旅の歌」を歌っている人が登場し話題に


7月6日に放送された『1億人の大質問!?笑ってコラえて!』(日本テレビ)で、同番組の名物BGMとして知られる「ダーツの旅の歌」を歌っている人物が登場。その意外な人物像に視聴者からの注目が集まっている。


20周年記念の特番となったこの日、番組では、なんと、名物企画【ダーツの旅】のテーマソングとして使われている"おなじみのあのテーマ"を歌っている人物が、サプライズゲストとしてスタジオに登場。番組側が紹介したところによると、彼はカナダ出身のアーティスト、スプーキー・ルーベンさんという人で、そのデビューアルバム『Modes of Transportation Vol. 1』の中に収録されている1曲が、"おなじみのあのテーマ"「These Days Are Old」なのだという。

その後に明らかになったところによると、彼はもともと自分の曲が日本で使われているとは知らず、知人からの情報を頼りに、これまでネット上で調べるなどしていたが、今回来日するまで、実は「ダーツの旅」の主旨もよく把握しておらず、日本人の間で浸透していることすらも知らなかったことが判明した。また、この曲を実際にチョイスした音効スタッフによると、この曲を選ぶ時点では、企画の趣旨もよくわからず、たまたま買ったばかりでそばに置いていたCDがルーベンさんのデビューアルバムで、偶然採用することになったのだという。ちなみに、ルーベンさんの話では、テーマとして使われている部分の歌詞は「droodle-oo-hoo-yai-yai-yo hoo-yeah」というフレーズを、アルプスのヨーデルを意識して、巻き舌で歌ったものとのこと。これもまた、今まで明らかにされていなかった部分であるだけに、多くの視聴者にとっては驚きであったようだ。

今回の放送では、スタッフに帯同し、一緒になってドッキリを仕掛けるなど、意外にもお茶目なキャラであることが判明したルーベンさん。今後は同番組で彼の歌声が流れるたびに、楽しげな彼の笑顔を思い浮かべる視聴者も増えそうな気配だ。


https://youtu.be/rKDrQcPxIdo


■ 『1億人の大質問!?笑ってコラえて!』公式サイト(水曜よる7時56分から日本テレビ系列にて放送)
ntv.co.jp/warakora/

■今月のAOL特集
元人気子役たちの今&昔【フォト集】
続きを読む