元モー娘。田中れいな、最強すぎるヤンキー時代のエピソードがスゴすぎる! 「小2から金髪」「運動会で流血騒ぎ」


元モーニング娘。でLoVendoЯ(ラベンダー)のボーカル・田中れいなが、7月5日放送の『徳井と後藤と芳しの指原が今夜くらべてみました』にゲスト出演。ヤンキー時代のエピソードを披露し、ネット上で話題を集めた。


田中は幼稚園の時点で眉毛を剃り、小学校2年から金髪、中学で「総長」と呼ばれた筋金入りの元ヤンキー。両親が元ヤンキーだった影響で幼い頃からヤンキースタイルとなったそうで、金髪姿の11歳の写真がスタジオで公開されると観客席からは「ええー!」と驚きの声が上がった。

小学生時代はクラス全員が「敵」になったことも。物を隠されることも多く、ある時はブルマが男子トイレに捨てられていたそう。だが、当時の田中は「ウケる!」と笑い飛ばし、臨時で購入した目立つ色の短パンを履いて「逆に捨てられてよかった!イェーイ!」とポジティブに切り替えていたという。

徳井義実が「『イジメられてるのかもしれない』って、ちょっとへこんだりしないの?」と尋ねると、田中は「全然ないです。めっちゃ強かったですし、イジメられる意味が分からない」と笑顔で話した。

中学時代はセーラー服を"スケバン"風に改造。2、3年生からも注目を浴びたが、田中に好意を抱いていた高校生の先輩のおかげで呼び出されることはなかったという。

そんな田中が謝りたい人は、小学校の運動会で流血騒ぎを起こすほど激しく戦った騎馬戦の宿敵・大谷さん。スタジオでは卒業以来の再会を果たし、「手を引っ掻いてごめんなさい」と謝罪していた。

これを観た視聴者は、ネット上に「ヤンキーすぎwww」「そら怖がられるわw」「メンタル強かったんだな」「ヤンキーのレベルがマジで最高」「歌声めっちゃ可愛くて歌うまいギャップがたまらぬ」などのコメントを寄せていた。



■参照リンク
『徳井と後藤と芳しの指原が今夜くらべてみました』公式サイト(火曜23時59分から日本テレビ系列にて放送)
ntv.co.jp/konkurabe/
田中れいな ブログ
ameblo.jp/tanakareina-blog/

■今月のAOL特集
元人気子役たちの今&昔【フォト集】
続きを読む