​​『クレイジージャーニー』女性写真家・ヨシダナギ、アフリカで披露した大胆すぎる「裸のつきあい」が話題に 「かっこイイ!」「スゴすぎる」


7月7日深夜に放送された『クレイジージャーニー』(TBS)に、写真家のヨシダナギが登場。番組中で披露した、そのあまりに大胆すぎる"裸のつきあい"が、視聴者から大きな注目を集めている。


この日、同番組では、"世界一美しい裸族"だという、アフリカ・ナミビアのヒンバ族をヨシダが訪れ、彼らの写真を撮影していく様子に密着。その際、ヨシダは、彼らとの親交を深めるために、"同じ格好作戦"と銘打って、自らも衣服を脱ぎ捨て、ほとんど裸同然の状態となるという、なんとも大胆すぎる作戦を決行し、胸を丸出しにして、現地民の女性たちと混ざってダンスを踊ったりするなど、あまりに豪快すぎる行動を連発。結果、一気にその距離感を縮めることに成功し、「いやもう、めっちゃ面白かったです!」「脱いでよかった」と笑顔で語った。

こうした彼女ならではのコミュニケーションに、ネット上の視聴者からも「めっちゃかっこいいなw」「彼女にしかできない交流だわwww」「これはスゴすぎるwww」「ガイドさんもまさかの感涙」「素敵やん!」「やっぱ裸のつきあいって万国共通」といった声が相次いだ。

ヨシダと言えば、これまでもこうした大胆な作戦で現地の人々と親睦をはかり、彼女にしか撮れない自然で貴重な写真を数多く撮影してきていることで知られているが、今回の放送で初めて彼女の活動を知った視聴者には、やはりなかなかの衝撃であったと言えそうだ。


■参照リンク
『クレイジージャーニー』公式サイト(木曜深夜0時10分からTBS系列にて放送)
www.tbs.co.jp/crazyjourney/
『クレイジージャーニー』Twitter
https://twitter.com/Crazy_Journey

■今月のAOL特集
セレブたちの知られざる兄弟姉妹【フォト集】
続きを読む