「EURO2016」アイルランドサポーター、はしゃぎすぎて路上車の天井を凹ますも仲良くみんなで直す動画が話題に



「EURO2016」で初となる決勝トーナメント進出を決めたサッカー・アイルランド代表だが、同国のサポーターの茶目っ気はフランスでも相変わらずだったようだ。

https://www.youtube.com/watch?v=KHPcg8MeWUQ


ヨーロッパ各国の代表チームによって争われる「UEFA欧州選手権」で決勝トーナメントへ進出したため、今回は特に多くのアイルランド代表サポーターが開催国フランスへ飛んだのかもしれない。フレンドリーな性格で知られるアイルサポだが、街中ではしゃぎすぎて路上駐車している車の天井をべっこり凹ませてしまったようで、緑色の集団が車を取り囲んでいる。

アイルサポたちは紙幣らしき紙切れをドアの隙間に詰め込んでいるのだが、これはどうやら車の修理代をカンパしているつもりらしい。さらに、チャントを合唱しながら車の天井を叩き続けるアイルサポは、やがて大きな凹みが治ると大歓声を上げ、再びビールを飲みながら大騒ぎしはじめた。

また、パリのシャルル・ド・ゴール広場にある有名な噴水に洗剤を投入し、泡だらけのジャグジー状態にするというイタズラもアイルサポのしわざ。決勝T進出で浮かれる気持ちはわかるが、さすがにこれはやり過ぎでは...。

https://www.youtube.com/watch?v=lZ4sXpwQcdQ


とはいえ基本的には人懐っこく、現地民はもちろん敵サポーターともすぐに仲良くなってしまうのがアイルサポなので、電車の中では赤ちゃんを取り囲んで「きらきら星」を歌うという微笑ましい一幕も。デカいおっさんたちが他の乗客に「シー!」と注意を促す音が一番うるさいのはご愛嬌、といったところか。

https://www.youtube.com/watch?v=5_Bp7vWvN1c



そんなアイルサポたちは、なんとパリ市への文化的な貢献が認められ、"グラン・ベルメイユ・メダル"が贈られることに。昨年11月に起きた同時多発テロ事件以来、暗いムードに包まれていたパリだけに、底抜けに明るいアイルサポたちのポジティブなヴァイブスは、沈んだ心を癒やしてくれたのだろう。そんな彼らは、

「アイルランド人らしいw」
「クレイジーで、素晴らしい!」
「愛すべきアイルランドのサポーター!」
「泥酔時のふるまい方のお手本だな」
「他の国も見習うべき」

と、ネット上でも絶賛の声が多く寄せられている。

【参照リンク】
・Ireland fans dent the roof of a French car, fix it straight away
https://www.youtube.com/watch?v=KHPcg8MeWUQ
続きを読む